イースターイベント期間中に効率よくたまごを孵化させる方法をご紹介!イベント中はたまごをたくさん孵化させよう!

イースターイベントで2kmたまごからレアポケモンが孵化する!

沢山孵化させて恩恵を受けよう!

現在ポケモンのタマゴを探せ!イベントで2kmたまごからレアなポケモンが孵化するようになっていたり、5kmにジョウト御三家の追加や孵化したたまごのアメ取得量が増加しています。
この期間中にたくさんたまごを孵化させてレアなポケモンゲットや、アメを入手しましょう!

イベントの内容は下記ページをご覧ください!

たまごを効率よく孵化させる方法!

ポケモンGOプラスを使う!

ポケモンGOプラスを使うことでバックグラウンドで起動中も歩いた距離の加算ができます。
また、ポケストップの回収も出来るのでタマゴのゲットもかなり楽になります。
歩いた距離を無駄にしないためにポケモンGOプラスを持っている人は移動中など基本的にはアプリと連動させておくといいでしょう!

直線距離を歩く!

距離を効率よく加算するには直線距離を稼ぐ事が重要です。
距離の更新を読み込む段階で前回の読み込みからどの位移動しているかで、距離は計測されるのでなるべく曲がった道などを歩くのではなく直線的な距離を稼ぐことが重要になってきます。

2kmたまごにはムゲン孵化装置を使う!

孵化装置の回数はたまごの距離に関わらず1回使用で回数が減っていきます。
なのでなるべく、10kmたまごなどに孵化装置を使った方がお得です。
2kmたまごはムゲン孵化装置を使って孵化させる方が良いでしょう。

今回のイベントでは2kmにも当たりのポケモンがいるので課金して孵化装置を購入しているなら2kmに孵化装置を使うのも良いでしょう。
ただ、10kmにムゲン孵化装置を使ってしまうと、そのたまごが孵化するまでムゲン孵化装置が使えないので2kmに使うのは忘れないようにしましょう!

自転車を使う!

自転車を使って距離を稼ぐのは効率的です。
ただ時速10kmを超えてしまうと速度制限が入り距離が加算されないので10km以下で走る必要があります。
また、当たり前ですが自転車をこぎながらスマホを見るのは大変危険なので絶対にやめましょう!
プラスと繋いで、距離を稼ぐという事だけに使うならかなり効率が良いですが、危険な行為はやめましょう。

コメントする

サブコンテンツ