今回のサイレント修正はサーチアプリや位置偽装に対しての対策になっている?

トレーナー毎にゲットするポケモンの個体値がランダムに!

一定レベルまで上げないと個体値はランダムに設定される!

4/21(金)に行われたサイレント修正でトレーナーレベルが1~24の人は野生でポケモンをゲットしても個体値がランダムに設定されるようになりました!
25以上になると、同じソースから出現したポケモンなら誰が捕まえても同じ個体値、わざ、身長体重を持っているようになります。

これにより、厳選が難しくなったと言われたり、レベル上げが重要になりました。
詳しくは下記ページをご覧ください。

サーチツールや位置偽装対策になってる!

サーチアプリでは個体値が表示されなくなった!

ピゴサーチなどのサーチアプリは以前までポケモンの個体値も表示されるようになっていましたが、この仕様変更により個体値表示が消えました。
詳しくはソース元をご覧ください!

位置偽装に対しても対策になっている!

これにより、位置偽装者に対しても対策になっていると言われています。
今まではサーチアプリを見ればどこに高個体値が出ているか分かったので、偽装しやすかったかもしれませんが、今後は個体値が分かりづらくなったため安易に偽装できなくなりました。

さらに、現在公式も対策ツールを開発中とのことで今後位置偽装者は本格的にいなくなっていくでしょう!
詳しくは下記をご覧ください!

コメントする

サブコンテンツ