ナイアンティックが位置偽装の対策について色々とテストを行っているようです。

先日のソフトBANは位置偽装対策のテストだった!

海外サイトが変更点を公開!

先日、ルアーモジュールを使用するとソフトBANされてしまうという不具合が発生していましたが、これはナイアンティックが現在行っている位置偽装対策のテストが原因だと言われています。
海外サイトが今回サーバー側で行われたアップデートについてまとめていました。

詳しくはソース元をご覧ください。
ソフトBANについては現在解消されています。
詳しくは下記記事をご覧ください。

位置偽装でポケモンをゲットするとソフトバン!

今回サーバー側のアップデートでは位置を偽装してポケモンをゲットするとペナルティーとしてソフトBANされるように変更されました。
変更点は以下のようになっています

スナイプ(位置偽装の一種)⇒ソフトBAN
任意の距離をテレポートして移動⇒ソフトBAN
ポケモンは捕獲した場所ではなく、遭遇した場所が重要になった

位置偽装に対しては今後も対策をしていく!

公式が対策中と発表している!

位置偽装に関しては以前から公式が現在対策ツールを作成中と発表していました!
先日の修正もそれのテストとして行われていたようです。
今後も様々な方法で対策を取っていくことでしょう!

アプリを使用した位置偽装等への対策も進んでおり、永久BANになる可能性もあります。
絶対にチートは行わないようにしましょう。

また、今回は捕獲に関する対策でしたが、ジムの位置偽装も早く対策してほしいという声もたくさん出ています。

コメントする

サブコンテンツ