地域格差はポケストップだけではありません。
もう少し緩和してもいいのでは?

地域格差はポケストップ以外にもある!

ポケストップや出現率が問題視されやすい

地域格差といえば、ポケストップやポケソースの違いを思い浮かべる人が多いと思います。

スポンサー契約することでポケストやジムが追加されたり、少しずつですが新しくポケストップやジムが追加されています。
ですが、それは全国的に追加されているため、地域格差が縮まってるとは言えないでしょう。

それ以外にも問題が…

地域格差はポケストップだけでなく、ポケモンの巣も地域によって格差があります。

5月18日に巣の変更が行われたことで、東京は153個の巣があるのに比べて、長崎は1個の巣しかありません。

巣といってもコイキングの巣なので、ほぼほぼゼロといってもいいでしょう。
ポケストップの数より巣の地域格差の方がヒドイのではないでしょうか?

緩和される日は来るのでしょうか?

ポケソースや巣は調整できないものなの?

地域格差を緩和させるために、ポケソースや巣を増やすことは出来ないのでしょうか?

ポケストップを追加するよりも調整しやすいように思えますが、地域格差を緩和させるつもりは無いのかもしれません。
せめてポケソースが少ないのであれば、レアポケモンが出やすいように調整されるだけでも変わってきますよね…

コメントする

サブコンテンツ