出現率アップイベントはポケモンの価値を下げていた?
レアポケに対する出現率アップはどう思いますか?

出現率アップイベントによって価値が下がっていくのでは?

レアポケモンを惜しみもなく出現させてるよね

ここ最近続いている出現率アップイベントでは、レアポケモンを惜しみなく出現させてますよね。

例えば、水タイプはラプラス、岩イベントではプテラやヨーギラスと…

前まではレアポケモンの出現率アップといえば、ラプラスやカビゴンなど復興イベントのイメージが大きかったですよね。地域限定だったからこそ、まだレアポケの価値は保たれていたように思えますが、今ではレアポケを見つけたときの感動が薄くなってるのでは?

反対する人もいるが…

レアポケモンの出現率アップに反対するユーザーもいますが、初ゲットしたりと喜ぶユーザー数の方が断トツで割合が大きいことでしょう。

しかし、出現率アップすることで、遭遇しても喜べなくなったレアポケもいるのでは?実際にプテラを見ても、いらないと思うユーザーは増えています。

今後も価値が下がっていく?

ほのお・こおりタイプの出現率が上がる可能性

6月に氷・炎タイプの出現率アップイベントが開催されるのではと言われています。

レアポケモンが出現しすぎると、レアポケとしての意義が失われていくのではないでしょうか?氷タイプだとルージュラ・ラプラスの価値が、炎タイプだとウインディやリザードンの価値が下がっていきそうですね。

コメントする

サブコンテンツ