ポケGOのディレクターを務めている、野村さんの自伝本が発売決定!ど田舎に生まれてからポケGO作成するまでがわかるようです。

野村達雄さんの自伝本が発売決定!

『ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる』

ポケモンGOのディレクターを務める日本人、野村達雄さんが生まれてから、ポケモンGOの開発にいたるまでの半生に迫る自伝本が発売決定です!
その名も『ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる』とのことです。
野村さんの生まれは中国黒龍江省で、かなりの田舎のようです。

なぜ、そんな田舎からポケモンGO開発までにいたったのでしょうか?
気になる方はぜひ読んでみてください!

購入はコチラから

今後に繋がる新情報などはあるのか…

本の発売日は7月19日となっています。
その頃はポケGOの1周年も過ぎており、ジムのアップデートなども終わっています。
何かしらの新情報や、今後考えているアップデート内容など一部でも掲載しているのかが気になるところです!

ポケGOは今やりたいことの何割できたのか!

昨年9月では1割程度だった!

昨年の9月に野村さんはインタビューでポケモンGOはやりたいことの1割程度しか出来ていないといっていました。
この発言からだいぶ経っていますが、現在のポケモンGOは何割できたのでしょうか?
今回の1周年記念でいろんなアプデを行って、やりたいことが出来るようになるといいですね。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • #1 匿名 [通報] 返信

    ど田舎生まれの人が作ったのに
    ど田舎ほどプレイに支障が出るほど不遇なのはこれ如何に?

    +1

    0

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ