今後のジムバトル仕様変更で、ジム防衛において人気を誇ったポケモンたちはどのように変化していくのでしょうか

二重弱点が大きな命取りとなる可能性。

相性でCP差を簡単に埋められてしまう

海外サイトの情報によると今後、 2重の効果抜群攻撃の倍率は1.51倍から1.96倍となります。
タイプ一致も合わさることで、2.352倍のダメージとなりあっというまに相手のポケモンを倒してしまうことができます。今後、二重弱点を持つポケモンは非常にジムに起きにくくなっていくでしょう。

これらを踏まえた上で、流行りポケモンのカイリュー、バンギラス、ギャラドスの考察をしていきます。

カイリューの今後

今まで最強だったつけが回ってくることに!

カイリューは長らく最強のポケモンとして、多くのトレーナーに愛用されてきました。バンギラスの出現で、1強時代は過ぎ去ってしまいましたが、それでも人気なポケモンであることに変わりは無かったといえるでしょう。
そんなカイリューは、ほのお・こおりイベントも相まって、ほとんどのプレイヤーが対策を練っているポケモンです。
ジムに設置しようものなら、あっという間に氷ポケモン達の餌食にされてしまうでしょう。カイリューの覚えるドラゴン技もドラゴンタイプ以外に有効ではないので、アタッカーとしての望みも薄いです。しかし、カイリキーやシャワーズの攻撃をいまひとつで受け止めることができる点は高評価と言えるでしょう!

バンギラスの今後

ジム防衛は難しい?

バンギラスは、弱点が7つと多く、ハピナスと共通の弱点であるかくとうタイプに対して二重弱点になってしまいます。その分耐性も多いのですが、ジム防衛は高めのCPも相まって扱いが難しいです。
しかし、今後実装される伝説ポケモンのレイドや、ジム攻撃側として得意な相手に当てた際に破格のダメージを出すことができます。いわタイプは、得意不得意がはっきりしているので、アタッカーとしては最強クラスを維持し続けるでしょう。

伝説対策として、いわ型、あく型の両方を是非準備しておきたいポケモンです。

ギャラドスの今後

しばらくは大丈夫そう!

ギャラドスは、今後更に流行るであろうハピナスの対策ポケモンのカイリキーに強かったりなど、ジムでの人気は高いまま保たれそうです。
2重弱点となる、でんきタイプですがサンダースを除いて育てることが難しく、対策として多くのトレーナーが>電気タイプを準備するまでには時間がかかるのではないでしょうか。原作で向こうにできる技の倍率が変更され、じめん技を防げたりと活躍してくれるシーンは多そうです。

かみつくを覚えるのでミュウツー戦でも使えるかもしれないですね!

 

コメントする

サブコンテンツ