キズぐすり不足問題は解決されていない模様。
ジムでもアイテム収集できるようなったが関係なかった…

キズぐすり不足問題が続く

ジムでアイテム収集できるようになったけど…

ジムの仕様が変わったことで、ポケストップだけでなくジムからもアイテム収集ができるようになりました。ポケストとジムどちらでもアイテムが獲得できることにより、キズぐすり不足問題が解決するのではと思いましたが、今でもキズぐすり不足で困ってるユーザーが多いみたいですね。

キズぐすりの排出率が悪くなった?

ジムからもアイテム収集できるようになって以降、キズぐすり等の排出率が悪くなったと感じる人もいるみたいです。また、レイドバトル実装により、回復アイテムの消費量が増え、キズぐすりが追いつかなくなっている模様。

課金して買えってことなのかな?

回復アイテムがショップ販売されたのも…

ジムの仕様が変わってから、げんきのかたまりまんたんのくすりがショップで買えるようになったのが原因で、キズぐすり等の排出率が下がっているのかもしれませんね…

ということは、レイドバトルやジムバトルを楽しみたかったら課金して買えってことなんでしょうか。

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

11件の投稿を表示中 - 1 - 11件目 (全11件中)
  • #1 Pokemon Master [通報] 返信

    ジム戦しないから、キズ薬、イラネ

    +4

    -7

    #2 匿名 [通報] 返信

    有り余ってるよ。
    タマよこせ。タマ!

    +15

    -3

    #3 匿名 [通報] 返信

    これから新しい道具が増えていくと、運営さんはどうするんでしょうね。

    「いいキズぐすり」が解放されたら「キズぐすり」が排出されなくなるとかでいいのにね。

    +10

    -4

    #4 匿名 [通報] 返信

    レイドもあるし、クスリ減少は痛いな。
    逆に赤玉が出過ぎるくらい出る。プラス使ってないので地味にボックスを圧迫してくる。
    大量発生イベント中なら有り難いのだが。

    +8

    -1

    #5 匿名 [通報] 返信

    薬より木の実が足りんわ。
    無課金だからレイドは1日1回だけだし、
    薬は余る一方だわ。
    ボックス1500なのにまんたん400以上、
    かたまり200以上でパンパンだから
    赤玉青玉は捨ててるわ。

    +6

    -7

    #6 Pokemon Master [通報] 返信

    ジムの頻度は減ったし強度も落ちたから
    むしろ薬は余りがち。

    +11

    -2

    #7 匿名 [通報] 返信

    レイドもジムもやってますがきずぐすりは維持されています。木の実が出すぎてボックス圧迫しているので関係ないジムに木の実あげてます。

    +4

    -1

    #8 匿名 [通報] 返信

    レイドもジムもやります。傷薬はスポット巡回の努力で調達はなんとかなりますが、
    スポットがジムに変わったところは、取得しにくいです。
    タップが2回増えたのと、開くのがもたつく、落ちる、などトラブル多く
    他色ジムだと、時間と手間の割に2個しか出なかったりで
    スマホのバッテリーの問題もあるし
    ジムからの取得はスキップしてスポットだけの巡回をすることもあります。
    なんとかなりませんかね?

    +13

    -2

    #9 匿名 [通報] 返信

    気のせいじゃね?
    以前と大して変わらん。

    +5

    -2

    #10 匿名 [通報] 返信

    普通のジム戦は体力半分でも勝てるから、無駄に手に入る元気のかけら使って全回復してないポケモンでやってる
    体力満タンにしときたいのはレイド用とジムに置くようだけ。ジムに置く用も薬が無いなら使い捨てでもいい

    +5

    0

    #11 Pokemon Master [通報] 返信

    ジムバトルに使う分はジムやストップからドロップする分で賄えるけど、レベル4のレイドボス相手(特にバンギラス)だと元気のかたまりや満タンのキズ薬の消費が早いですね。不動ジム時代の貯えがあるからなんとかなっているけど、無くなっても買いたくないし…。ドロップ率は以前と変わらないような気がしてます。レイドバトルをしていると元気のカケラだけはやたらと増えるかと。

    +1

    0

11件の投稿を表示中 - 1 - 11件目 (全11件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ