ジムバトルがアップデートされ生まれた問題について考察します。

ジムバトルの仕様変更

一周年記念大型アップデート第一弾

一周年記念の大型連続アップデートのスタートを飾ったジムアップデートですが、実装されてそれなりの月日が経過し多くの人が慣れ始めたかと思います。
そこで、今回のアップデートで生まれた問題点について改めて考察します。今回は、あくまでも仕様上の問題について考察するので、バグなどについては無視の方向でお願いします。

ジムの変更内容については、ジムについてのページを御覧ください!

ジムの調整で大切なこと

誰もが楽しめるだけではだめ

今回のジムのアップデートで、強いポケモンをジムに設置しずらくなり弱いポケモンたちをジムに設置する人が増えした。
これによって、今まで強力なポケモンを育てていた人(さらには同じ種類を何体も作っていた人)簡単にいうとポケモンGOを本気でやり込んでいたプレイヤー達は、今まで苦労して育てたポケモンを活躍させる場所を一つ失いました

これでは、がんばった分のご褒美がジムバトルにはなく、誰でも楽しめるという目的は達成できても、上級のトレーナー達が自分の限界に挑むエンドコンテンツではなくなってしまいます。

本気を出すと損をする…

現在のジム防衛では、防衛に設置したポケモンがバトルに敗北し手持ちに戻ってこない限り、防衛ボーナスを受け取ることができなくなっています。
これを達成するために、本気でジム防衛をすると報酬を受け取ることが出来ないため、多くのプレイヤーがある程度で戻ってくるように強すぎないポケモンを設置します。ジム防衛注目の新要素であるきのみを定期的に与えてジムを必死に守ろうとするトレーナーも居ません。

トレーナーがポケモンGOに求めること

ベテラントレーナーが成長、成功体験を得られない

ゲームをする上で、ユーザーが求めることは多くの場合、成長と成功の体験 です。ポケモンGOでの成長や成功の体験は、「高個体値のポケモンを育てることが出来た」や「弱いポケモンで強いポケモンに打ち勝つことができた」というものでしょう。現状の本気でプレイすると損をするジムからこれらの経験や体験を得ることはできません。
もちろん初心者は、まだまだチャレンジすることがたくさんありますが、今までポケモンGOをやり込んできたトレーナー達同士で互いを高め合うべき場であるジムは、まず上級者の視点に立って設計されるべきだったのではないでしょうか。

対人戦が来れば解決?

今後、対人戦が実装され友達や近くに居るトレーナーと対戦することが可能になれば、お互いに育てきったポケモンをたくさんもっていたとしても「自分のプレイの上達具合」で成長と成功の体験を得ることができます。現状のコンピューターが動かす決まった動きでは、覚えてしまえば簡単に攻撃を避けれてしまうのでこういった体験は出来ないですからね。

しかし、こういった対戦要素に苦手意識を持つ人も少なくありませんので、実装は慎重に行う必要性がありそうですよね。

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントする

サブコンテンツ