位置偽装などのチーター(ずるいプレイをする人たち)への対策は、しばらく後回しにされてしまうそうです。その理由とは?

公式の中の人がPvPや交換の開発に前向きな回答!

実装される日はそう遠くない!?

ナイアンティックのジョンハンケ氏が、今後PvP(対戦)や交換機能の開発について前向きに考えていると回答していました!
他にも、ポケモンGOの開発状況について色々と説明されていたので、気になる方は下記リンクからお確かめください!

位置偽装の対策は後回し?一体どうして

その理由は新機能にある!

ジョンハンケ氏によると、PvP(対戦)機能やトレード機能はBluetooth機能を使ったローカル接続(位置情報ではなく、本当に近くに居ないと交換できない)ようにするそうです。
これによって、位置偽装をすることの価値は一気に下がることが見込まれるので、位置偽装などに対する対策は遅らせるようです。

リア充こそが最高の攻略!

今後、トレードや対戦がポケモンGOの重要なコンテンツとなった場合、実際に顔を合わせてプレイしなければならないため、友達の多い【リア充(リアルが充実している人たち)】こそが有利なゲームになっていくのではないでしょうか!
もしかしたら、ポケモンGOをしていると話しかけられて、対戦や交換を申し込まれるなんて日もそう遠くないかもしれませんね!

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントする

サブコンテンツ