今年の夏は…伝説になる!

伝説のポケモンの最新動画が公開!

伝説のポケモン達のオンパレード!

ポケモンGO公式が伝説のポケモンの動画を公開!
みんなでジムバトルをしているところに、伝説のレイドパスが配布され、みんなで挑戦するシーンが描かれています!
予想されていたとおり、レイドバトルから伝説ポケモンはゲットできるようです!
公開された最新動画はこちらから!

この動画の公開は日本時間で7月23日早朝より行われるシカゴでのリアルイベントの開始を踏まえたものなのではないかと考えられます。
イベントを通して、本当に伝説のポケモンを拝むことになるでしょう!!

シカゴでのリアルイベントとの関係性

伝説のポケモンは、7月22日(アメリカ時間)にシカゴで開催されるリアルイベントに合わせて登場するものと思われます。
このイベントでは、トレーナーたちがポケモンをたくさん捕まえるとイベント会場内に伝説のポケモンが出現します。
また、シカゴ会場で伝説のポケモンが倒された場合に、世界中で伝説ポケモンが出現します。

待ちに待ったあのポケモンも確認!

動画にはミュウツーの姿も!

動画の終わり部分にはミュウツーの影が見受けられます!
他にも、一番最初に実装されるのではないかと言われていたファイヤーサンダーフリーザーだけでなく、ホウオウルギアまで動画内には登場しています!

アップデートで伝説に関するデータも見つかっているので、今週末は伝説のポケモンで大盛り上がり間違い無し!

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

12件の投稿を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
  • #1 momo [通報] 返信

    やるぜ!!

    +13

    -1

    #2 匿名 [通報] 返信

    サファリラリーで地域限定ポケモンが来れば、図鑑が完全に埋められる目途が立つ

    +8

    0

    #3 匿名 [通報] 返信

    ※楽しめるのはiPhoneを持ってる人だけです

    +16

    -4

    #4 Pokemon Master [通報] 返信

    まともにアプリが動けばいいけと…

    +12

    0

    #5 匿名 [通報] 返信

    伝説もいいけど、その前にバグを何とかしてくれよ…

    +15

    0

    #6 Pokemon Master [通報] 返信

    …良かったiPhoneで(笑)

    +7

    -10

    #7 Pokemon Master [通報] 返信

    その前に、どうすれば伝説パスがもらえるかだな。
    チャンピオンメダル銀(レイド100勝)、ジムバッジ金とかが条件で、金ジムでしかバトルできないとかだと一気に盛り下がること間違いなし

    +8

    0

    #8 匿名 [通報] 返信

    動画は思わず涙ぐむほど感動的だしワクワクするけど、動画が終わった瞬間にバグだらけのつらい現実に引き戻されて萎える。しょうがない、もっかい見るか。

    +5

    0

    #9 匿名 [通報] 返信
    >>3

    >シカゴ会場内のトレーナーたちが、その伝説のポケモンを倒すことができれば、日本時間の23日から、世界中のレイドバトルにも、その伝説のポケモンが姿を現すようになるのです!

    この説明と横浜スタジアムのイベントと何が違うの?
    伝説の種類が違うのかな。いつも説明が分かりにくい。

    +3

    0

    #10 Pokemon Master [通報] 返信

    PVでジムにマリルを置くレオナルドのトンマっぷりもショッキングだが、基本的にナイアンは弱ポケをPVでの伝説戦に出したがる所があるよな。
    確かにトレーナーが出すポケモンが全部バンギラスとゴローニャと全滅防止用ハピナスだけじゃPVとして面白くなかろうけど、こういうPV作るならCP3000のキャタピーを作れるとかそう言う機能も実装して欲しかった。

    +9

    0

    #11 匿名 [通報] 返信

    ルギアでCP35,000、対策すれば3人くらいで倒せそうだな。
    それ以前に各地で出るのだろう。田舎民にはいいことだろうが。
    CP100,000くらいにして、特定の場所・時間にしか出ないようにして、レア度を上げてほしいところ。

    +0

    -11

    #12 Pokemon Master [通報] 返信

    お前バカ?

    +0

    0

12件の投稿を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ