準伝説のファイヤー、サンダー、フリーザーとエンテイ、スイクン、ライコウの比較をします。

伝説の3鳥VS3犬それぞれを比較!

第一世代と第二世代でそれぞれ3体ずつ存在する!

現在、ポケモンGOが対応している第一世代、第二世代にはそれぞれ3体ずつの伝説のポケモンが存在します。
第一世代では、ファイヤー、サンダー、フリーザー。第二世代ではエンテイ、ライコウ、スイクンが登場し、現在は第一世代の伝説のポケモンの実装スケジュールが公開されている状況です。

当記事では、第一世代の伝説のポケモンと第二世代の伝説のポケモン。それぞれどちらのほうが強いのかを比較したいと思います。

ファイヤーVSエンテイ

得意不得意がはっきりしない

ファイヤーは準伝説ポケモンの中でも、飛び抜けて攻撃力が高くエンテイはそれより少し劣ってしまいます。
しかし、全体のCPとしてはエンテイの方がファイヤーよりも勝り、耐久面もエンテイの方が上です。覚える技は互いに同じで、ほのおタイプとしては最強の、【ほのおのうずオーバーヒート】を覚えることができます。
ファイヤーは、ひこうタイプを持っているため、エンテイの苦手とするじめんタイプを克服し、更にかくとうタイプに耐性があるためカイリキーを止めることが出来るという強みを持っています。
それに対してエンテイは、いわタイプの2重弱点を持たない為安定した立ち回りをすることができます。

サンダーVSライコウ

CPはライコウの方が上だが…

サンダーのCPは3282、ライコウは3301と微かにライコウの方が上ですが、サンダーの耐性は6種類、ライコウの耐性は3種類と防御面に関してサンダーが圧倒的に有利です。
しかし、ライコウのじゃくてんのじめんタイプはあまり使っているトレーナーがいませんが、サンダーの弱点としているこおり、いわタイプはどちらの流行りのタイプであり弱点を狙われやすいです。

サンダーの方がでんきタイプ最強の技、でんじほうを覚えるので、育てるならサンダーを優先したいですね。

フリーザーVSスイクン

根本的にタイプが違うため、この二体をひっかくすることはとても難しいです。お互いに伝説のポケモンとしてはCPが低めですが、みずタイプにはシャワーズやギャラドス等、強力なポケモンが存在し、スイクンの存在意義はほとんどありません。
それに対してフリーザーは、こおりタイプとしては最強格であり、さらにこおりタイプのポケモンは カイリュー対策等でとても人気が高いです。スイクンは、コレクション用になり、フリーザーの用な目立った活躍は難しいといえるでしょう!

基本的に第一世代の伝説のポケモンが優秀!

伝説のポケモンはジムに設置することができないので、役割をハッキリ扠せやすく、攻撃的なステータスの第一世代の伝説のポケモンの方が使いやすいです。
それでも、スイクンはシャワーズの下位互換ですが、エンテイやライコウは十分強い部類なので実装されたらぜひゲットしたいポケモンです。

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントする

サブコンテンツ