アプリがカクカクして重い!と言う人に朗報!

この方法を試すことで解消されるかも…

アプリがカクついてまともにプレイできない!

端末のスペックなどが原因?

ポケモンGOをプレイしているとカクカクしてしまって重くなると言うトレーナーは以前から多くいました。
これのせいでポケモンを上手く捕まえられないレイドバトルやジムバトルがまともに遊べない!なんて人は結構多いのでは?

端末のスペックなどが原因のようですが、ハイスペックでも同様の現象が起きているトレーナーもいるようです。
これのせいでポケGOのモチベーションが下がるという人もいます。

アンドロイドのカクつきを解消する方法が判明!

解説動画が公開!

アンドロイド端末に向けたアプリのカクつきを解消させる方法を動画で公開している方がいましたのでご紹介します!
設定の開発向けオプションからアニメーションの設定をオフにすることで多少は緩和されるようです。

やり方については下記動画をご覧ください。
※端末によってやり方が違う場合があります。

レイドバトルが遊びやすくなれば嬉しい!

動画を投稿されている方によると、体感ではありますがかなり軽くなったとのことです。
レイドバトルでは複数のトレーナーがいると重くはなるようですが、マシになったようです.

今後もレイドバトルで伝説が実装されるなら、レイドバトルが軽くなることはかなり重要だと思います。
アンドロイドを使用している方は動画の設定方法を試してみはいかがでしょうか?

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

17件の投稿を表示中 - 1 - 17件目 (全17件中)
  • #1 Pokemon Master [通報] 返信

    本来ならグラフィックオプションとしてアプリ内で設定出来るようにするべき内容よね。あとこの動画の設定をしても実用レベルまで改善しないケースがほとんどで、オマケにこれから更に気温が上がればスマホの発熱も酷くなってクロック落とされちゃうわけで、根本的な解決ではないです。根本的な解決はナイアンにしか出来ない。

    このオプションでも軽くならない人はスマホの冷却もした方がいいよ。日陰のジムや、近辺にストやジムが少ないジムを選ぶだけでもかなりマシだし、スマホケースを剥いだり団扇で扇ぐだけでも効果はあるよ。

    +14

    0

    #2 匿名 [通報] 返信

    おっしゃる通り日陰、それも木陰や屋内、庇のしたくらいに移動するでしょ?

    そうするとね、    G P S が みつかりません

    っていうんですよこいつ。それで目の前のジムにアクセスできず試合終了ですよ。
    一歩も動いていないのに連戦できず、あるいは横取りされるわ高速移動BAN食らうわもう最高!

    ホント何とかしてほしい。アニメや描画を落としてまず動作を優先するように普通ならプログラムが制御するはずなんだけどね。

    +14

    0

    #3 匿名 [通報] 返信
    >>2

    最近は保冷財をスマホにくっつけてるわ

    +0

    -1

    #4 Pokemon Master [通報] 返信

    上にも書かれている通り、この対策してもまったく変わらない、、田舎じゃ動くが人が集まらず伝説に勝てない、だからといって都会へ行くと人は20人でも簡単に集まるがカックカクになりエラー連発でしまいにはアプリ落ちて終了。このゲームどうなってんの?
    都会のレイドでもちゃんと動いている人はどのスマホつかってるのか教えてほしい。。因みに自分はSHARPのsh-01h。すーぐ熱くなってAndroidシステムから通知がきてカックカクになり街でのプレイは絶対無理。

    +8

    0

    #5 匿名 [通報] 返信

    ボールのツヤとかどうでも良いグラフィックの改善なんか後回しにして、グルグルとカクカク、強制終了やフリーズしまくるのを早く治して欲しい。

    ナイアンティックがポケGOアプリ開発で優先順位を間違えてるから、トレーナーの多くがまともにプレイできずにイライラしてるか、遊ぶのを辞めるか、って感じになる。

    +11

    -1

    #6 Pokemon Master [通報] 返信

    Androidのカクツキバグ男くんの修正もしろ、ないあん

    +2

    0

    #7 匿名 [通報] 返信

    さすがにiPhone7Plusは快適。直射日光に当てないように気をつけてさえいれば、プレイに難儀する事は有りませんね。

    サブ機でAndroidのQuaTab01使ってますが、これは常に冷却してないとすぐに動かなくなります。この記事の設定でかなりプレイし易くはなりましたが、冷却が必須なのは変わらず。

    AnTuTuベンチマークでトータル35000/3D:5300程度のスペック。メインメモリ3GB以上載っててこの倍位は数字の出るモデルが最低でも欲しい所です。

    なんにせよ、冷却は凄く重要。
    スマホカバー使ってると条件相当悪くなる事は覚えておいた方がいいですね。

    +2

    -1

    #8 Pokemon Master [通報] 返信

    ナイアンはクーラー効いた部屋のハイスペック開発マシン上でのシミュレートでしか検証してないんだろうな。

    +7

    0

    #9 匿名 [通報] 返信

    保冷剤をスマホにくっつけて大丈夫なん?
    本体内で結露とか出来ないの?

    +3

    0

    #10 匿名 [通報] 返信

    一般的な保冷剤の使用は気を付けないとスマホ内部に結露(水分)が発生して故障の原因になるからね
    急激な冷却は厳禁なのですよ
    値段が高い物にはなるけどケース自体に空冷ファンが付いた物や
    特殊な金属加工されて熱交換効率がいい物などがあるが
    如何せんこの時期の日中仕様では焼け石に水
    素直にoffにして休ませるのが一番手っ取り早かったりしてw

    +1

    0

    #11 匿名 [通報] 返信
    >>9

    エクソペリアもXZだとプレイに問題おきねぇがなぁ
    ちなみにXcの知り合いも文句を言ってるのを聞いた事は無いわ
    ↑でも、あきらかにクソスマホの影響を怒り狂って書き込んでるやつ居るけど、
    5年前のモデルとかムリだから
    熱に関してはしょうがないところはあるが・・

    +0

    0

    #12 匿名 [通報] 返信

    凍らせてない保冷材をくっつけておくだけで、だいぶ熱を奪ってくれる。
    結露が気になる人も、試してみて。

    +3

    0

    #13 匿名 [通報] 返信

    新しいスマホを買ったら快適
    コインは買わないが交通費や通信費、端末代は惜しくない

    +0

    0

    #14 匿名 [通報] 返信

    私もSHARPの似たようなスペックのやつです。
    何とかやるために工夫している事は以下の通り。
    ・メモリを空けるため、Playストアも含め、多くの主要アプリを無効にしている(ただし、アップデートの時だけ、Google Playストアは有効にする)
    ・熱対策としては、スマホを濡れたハンドタオルに当てる。タオルと手の間には濡れないようビニールの袋をはさみ、さらにレイドバトルの時は間に保冷剤を噛ましてハンドタオルがぬるくなりすぎないようにする(結露のおそれがあるので直接保冷剤をスマホに当てることはしない)。
    ・充電バッテリーを常備し、バトル前は必ず50%以上を保つ(内蔵バッテリー量が40%未満あたりに減るとカクツキが増えるので)。
    ・GPSブレを抑えたいときに、Wi-fi詳細設定内の「スキャンを常に実行する」にチェックを入れる。特に建物内や高層ビルの脇ではこのチェックを入れないとブレるので(ただしそのぶん電池は食うので、飛んで困らない時は逆にチェックを外す)。
    今のところ、こんな感じです。ジムで一緒になった人がやはりGPS飛びで困っていたので教えてあげましたが、その人のAndoroidには詳細設定内に同じ項目がなかったので、バージョンや機種で同じようにはいかないかもしれません。
    なお、3回バトル終了時にネットワークエラーやアプリ落ちで勝ったのに閉め出されてしまったことがありますが、レイド自体の時間切れ(ジムの表示が通常に戻る)以外の2回は、再起動→ジムに入り直しで、ゲットチャレンジに進めました。アプリ落ちで諦めたくない人はジム終了間際の参戦は避けた方が良さそうです。

    +2

    0

    #15 匿名 [通報] 返信

    GPSの
    問題はiPod/iPadユーザーみたいに外付けのGPSで解決しない?

    +0

    0

    #16 匿名 [通報] 返信

    アンドロイドで外付けGPS使うとポケモンゴーできないってレビュー見た気がする。アマゾンで。物によるのかな?

    +0

    0

    #17 匿名 [通報] 返信

    アンドロイドで外付けGPS使うとポケモンゴーできないってレビュー見た気がする。アマゾンで。物によるのかな?

    +0

    0

17件の投稿を表示中 - 1 - 17件目 (全17件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ