ポケモン初代劇場版、ミュウツーの逆襲。

今でもミュウツーが印象に残っている理由はここにあった!

どれくらい凄かったのか?

ジブリに次ぐ大ヒット作品!

本作品は観客動員数650万人興行収入76億円という超絶大ヒットアニメ作品。
さらに世界中で公開され、アメリカでは「日本映画初の週間興行ランキング初登場第1位」を成し遂げました。
これはとんでもない記録で、ジブリを除けば2014年の「アナと雪の女王」まで抜かれることがありませんでした。

どんなメッセージが込められていた?

あらすじ

ロケット団がミュウの化石を元に作り出したミュウツーは、自身が模造品であることから存在意義に疑問を感じていた。
やがてミュウツーはポケモンを統制する人類に憎しみを抱き、逆襲を企てる。
ミュウツーはポケモンのコピーを作り出し、サトシたちも本物vsコピーの戦いに巻き込まれていくというストーリーです。

アニメ映画なのに、ずいぶんと重いですよね。
それもそのはず、「ミュウツーの逆襲」は大人もターゲットに含まれていたそうです。

「自分とは何か」がテーマ!

映画は、ミュウツーの「ここはどこだ?俺は誰だ?」というセリフから始まります。
そう、この映画のテーマは「自分とは何か」。コピーとして作られたミュウツーは、何が自分で、何のために存在しているのかを考えます。
これは誰しも大人になるときに抱えるアイデンティティの問題。大人にも子供にも響き、世界を驚かせた理由はここにあったんですね。

この背景を知ると、さらにポケモンGOでもミュウツーをゲットしたくなってしまいますね…!!EXレイドが待ちきれない!

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • #1 匿名 [通報] 返信

    ミュウツーって【俺】でしたっけ?
    【私】だったような…?

    +2

    0

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ