現在、EXレイドのテストが行われていますがテスト段階でかなり配布されているけど、正式実装されたら結構配られる?

4回目にしてかなり多くの人に招待状が届く!

多くのスポンサージムでテストが発生!

EXレイドバトルの正式実装に向けて現在フィールドテストが行われています。
4回目のテストまでが実施決定されており、4回目の招待状は多くのスポンサージムが対象になっています。

配布量はかなり多い!

回を重ねるごとに招待状が配布される量が増えているようで、3回目でもかなり多かったですが、今回は複数の招待状を貰っているトレーナーも結構出てきています。

前回招待状貰って、今回も貰った!なんて人もいるようで、運が良いというのもあると思いますが、配布量が多いことがわかります。

正式実装されたらかなり配布される?

配布量はかなり多くなりそう

正式実装については未だわからないままですが、テストの様子を考えたら実装されたらかなり配布されるのではないでしょうか?
レイドバトルさえ行っておけば、招待状が貰えずミュウツーとのバトルが楽しめない!なんてパターンもかなり少なくなるのではと思います。

今後の事も考えたらスポンサージムを狙っておけば間違いは無いのではないでしょうか?
今回招待状が手に入らなかった人も、正式実装で楽に手に入ると良いですね。

今注目の最新情報一覧

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • #1 Pokemon Master [通報] 返信

    マジこれ
    来月になればボックスにミュウツーが溢れてるよ

    +6

    0

    #2 匿名 [通報] 返信

    田舎だと、EXの日時指定レイドは、普段よりも人が集まり易いと思うので大歓迎。
    問題は、場所と時間だけになるだろうし。
    今回のはギリでスタート前に行けそう。
    てか、19時ジャストスタートで大丈夫だよね?

    +4

    -1

    #3 匿名 [通報] 返信

    誰も取りにいかなくなって不成立案件が急増する

    すでにスイギュウではかなりの放置が見られる。

    +1

    -4

    #4 Pokemon Master [通報] 返信

    そもそもテストレイド自体失敗だったんじゃない?不公平感ありすぎる。
    1つのアカウントで、一回だけチャレンジできるようにして欲しかった。2回も3回も招待状くるのっておかしい。

    スポンサージムで幾つかレイドバトルクリアしている自分に、未だ招待状こない。だけど、友人には2回も来ている。

    +27

    -3

    #5 Pokemon Master [通報] 返信

    #4の投稿者です。
    ミュウツー4体目GETという記事を某サイトで見ましたが、今回のテストレイドは、完全な失敗だと思います。招待状来てレイドバトルした人からしてみたら、招待状来ないのは仕方ない。運が悪いと思われても仕方ない。でも、来ていない人からしてみたら、いくらテストとはいえ、ミュウツーとのバトルも味わえない歯痒さだけが残るのです。運が無いのもしょうがないのです。
    ですが、招待状が届いた瞬間の嬉しい感覚を味わいたいし、バトルやGETチャレンジも味わいたい。それは、本来なら全トレーナーに感じてもらいたい権利はあるはずです。
    でも、ナイアンの関係者は、テストといいつつ、本当の目的は何か?どのような抽選をしているのか分かりませんが、あまりにも気持ちの上での格差があると思うのです。

    長くなってすみません。

    +6

    -5

    #6 Pokemon Master [通報] 返信
    >>5

    一見正しいことを言ってるように思えるけど、持ってる人から見たらヒガミにしか聞こえないですね。
    もっと冷静に分析したほうがいいですね。

    +7

    -2

    #7 匿名 [通報] 返信

    >>5
    もちろん抽選方法についてもテストなんだと思うよ。
    不公平さがどう出るのかというのも調査段階なのかも。
    気持ちはわかるがあんたの声も反映されることを祈って本実装まで大人しくしてなよ

    +1

    0

    #8 Pokemon Master [通報] 返信

    もうテストとかいいから早く正式実装しろよ。
    イベント()で誤魔化して先伸ばしにしようというのがモロバレだし。全ジム対象で今の10倍くらいの当選率で毎日チケット配れやクソナイアン

    +0

    0

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ