ポケモンGOのポケモンの強さは原作にある「3値」という隠しステータスのうち「種族値」「個体値」の二つの値をもとに計算されています。
では「3値」のうちまだ使われていない最後の一つ「努力値」が実装された場合どうなるのでしょうか?

まだ見ぬ第三の隠しステータス「努力値」とは?!

そもそも努力値ってなに?

原作のポケモンでは、そのポケモンの強さを決定する重要な要素にポケモンの3値というものが存在します。
この「3値」とはすなわち「種族値」「個体値」「努力値」の3つの値です。
「種族値」がその種族の持っている固定された強さであり、「個体値」はそのポケモンが先天的にもつ才能のような強さ、そして「努力値」後から努力によって伸ばすことのできる強さです。

原作では大変だった努力値育成

種族値はその種族で固定されていますし、個体値は捕まえた瞬間に決まってしまうので、努力値というのは唯一後から伸ばすことのできる強さなのです。
より強いポケモンを求めて個体値の厳選などを行っているプレイヤーにとっては最後の仕上げともいえる育成要素です。

しかし、その努力値をあげるのは、まさに言葉通り、並々ならぬ「努力」が必要な要素でした。

基本的に努力値は、あるポケモンを倒すと対応した努力値がもらえ、ステータスが増えるというシステムです。
たとえば「ピカチュウ」を倒すと「すばやさ」の努力値が上がるという具合です。
つまり努力値を上げるには狙った努力値をあげられるポケモンを倒しまくる必要があったわけです。

努力値には一応上限が設けられているのですが、努力値は野生のポケモンを倒した時しか入手できないため、上限まであげるためには来る日も来る日も同じポケモンを探し求めねばなりませんでした。

もし努力値がポケモンに実装されたらどうなる?

実装時期は第三世代実装と同時か?!

もし実装されるのであれば時期はいつ頃になるでしょうか?

実は原作のポケモンでは第1~2世代でも努力値の概念がすでにあったのですが、第3世代に大きな仕様変更が行われ、現在の「努力値」のベースとなるシステムが生まれました。
そのため、一番早い実装のタイミングは第三世代のポケモンの実装と同時という可能性も考えられます。

ポケモンGOでは努力値はどうあげる?

ポケモンGOのシステムだと、野生のポケモンと戦うというシステムは現在ありません。
ジムでならバトルが可能ですが、原作ではほかのトレーナーのポケモンを倒しても努力値があがることはないので、意図的に狙ったポケモンを配置できるジムバトルでは努力値は上げられない可能性があります。

だとすれば、もっとも可能性が高いのは努力値を上げたいポケモンを相棒に設定して、野生のポケモンを捕まえることでしょうか?
もしそうなれば特定ステータスを伸ばすために、特定のポケモンを捕獲し続ける必要があるので、攻撃力の努力値が上がるポケモンの巣などは、プレイヤーで溢れるかもしれません。

アイテムで努力値をあげられるようになるかも?

原作ではたしかに努力値を上げるのは大変でしたが、実は努力値はアイテムで上げることも可能でした。
これらはドーピングアイテムと呼ばれるアイテムです。
ドーピングというと聞こえは悪いですが、原作では育成を行う上で認められた行為で、調整のしやすさから努力値の調整によく使われていました。

また、ポケモンを倒した時に入手できる努力値を増やすアイテムというのも存在し、ポケモンに持たせることで効率よく努力値の収集が可能になる要素もありました。

もしポケモンGOにも努力値が実装されたなら、こうした努力値を上げやすくしてくれる要素が課金アイテムなどで登場するかもしれません。

今注目の最新情報一覧

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントを投稿する


サブコンテンツ