秋も深まり少しづつハロウィンの時期が近づいてきました。
ネット上でもだんだんと「今年の出現率アップポケモンはなにか?」といった話題が出るようになりました。
気になる今年のハロウィンイベントは一体どうなるのでしょうか?

去年の出現率アップポケモンを少しだけおさらい

どこをみてもゴースだらけだった!?

去年の出現確率アップの対象ポケモンは
ズバット、ゴルバット、ゴース、ゴースト、ゲンガー、スリープ、スリーパー
の七種類でした。

もしかしたら、え?このポケモン出現率アップしてたの?って思われる方もいるかもしれませんね。

実はポケモンGOではじめて公式に実施された全国的なイベントがハロウィンイベントだったのですが、運営も初めてでさじ加減がわからなかったのか、ゴースの出現量が異様に多く、大量のゴースが町中を占拠していたからです。
次点でズバットが多かった印象がありますが、あの大量のゴースには負けていたと思います。

今年のハロウィンはどうなる?

出現率アップが予想されているポケモン

ネット上では去年出現率アップ対象だった七種類に加えてさらに、

ホーホー、ヨルノズク、ヤミカラス、ニューラ、デルビル、ヘルガー、ムウマ、クロバット

といった、第二世代のポケモンの出現率アップ予想が目立ちました。
とくにヤミカラスやホーホーが多かった印象です。

ここまででピックアップされているポケモンからですと、前回あれだけゴースを大量に出したというのと、去年とは違い今年は第二世代が実装されているという理由で、より新鮮味のある第二世代のポケモンのみが出現率アップの対象に選ばれるのではないでしょうか?

さらにネットの掲示板上では、ハロウィンの帽子やカボチャを被った、ハロウィンイベント限定のコスプレをしたピカチュウが登場すると予想が飛び交っています。

また、アンノーンが実装され「Halloween」のスペルを綴るイベントになる、という面白い予想もありました。
それ以外にも「芸術の秋だからドーブルが来る」という予想。
それに「いや、ここはミミッキュ実装だろ!」という大胆な予想もありました。

これは今からとても楽しみですね!

第三世代以降の可能性は低いか?

ネット上の予想では現在実装されている第二世代より先のポケモンの出現率アップを期待する声もあります。

しかし第二世代のポケモンに未実装のポケモンが残っていること。
現段階で新しいポケモンのデータの追加があったというような情報がないため、第三世代以降のポケモンが出現する可能性は極めて低いとおもわれます。

今注目の最新情報一覧

最新ジム情報

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントを投稿する


サブコンテンツ