ポケモンファンの方に過去一番の劇場版は?と聞くと、かなりの確率で「ミュウツーの逆襲」との答えが返ってきます。
そこまですごいと言われるミュウツーの逆襲の興行収入は一体どれほどのものだったのでしょうか?

「ミュウツーの逆襲」って?

あらすじ

「ミュウツーの逆襲(1998年)」

悪の秘密結社『ロケット団』によって、幻のポケモンの化石を元に生み出された「いでんしポケモン・ミュウツー」。
彼はロケット団のもとで人間に利用される日々を過ごしながらも、自分が生まれた研究所での体験から「自分が生まれた理由」に苦悩する日々を送っていた。
そしてある時、遂にロケット団を脱走。
人間の身勝手さに憤りは限界を超え、自分の生まれた研究所の跡地で人類への"逆襲"を決意する・・・!

子供向けとは思えない難解なテーマ

本作品は、ポケットモンスター史上初の劇場版でありながら、「人間の生み出したポケモン」であるミュウツーが主体となっているだけあり、「自己の存在理由」「命とは何か?」という、大人でも思わず答えに詰まるような難解なテーマが据えられています。

一方で子供向けということもあり、できるだけわかりやすい脚本の構成がなされており、そのテーマの複雑さや重さに対して、主人公達が真正面から立ち向かい、視聴者に答えを投げかけるという直球さが、大人と子供が一緒に見て楽しめる映画というカタチで大きく評価されているようです。

劇場版ポケットモンスター史上最高の興行収入

興行収入ランキングをみると・・・

「ミュウツーの逆襲」は

製作費
約3億5000万円

に対して

興行収入
約72億4000万円

とのことです。

過去のポケットモンスターの興行収入を上位から並べてみると


1位 ミュウツーの逆襲
約72億4000万円

2位 幻のポケモン ルギア爆誕
約62億円

3位 ディアルガVSパルキアVSダークライ
約50億2000万円

4位 結晶塔の帝王 ENTEI 
48億5000万円

5位 ギラティナと氷空の花束 シェイミ
約48億円

6位 アルセウス 超克の時空へ
約46億7000万円

7位 七夜の願い星 ジラーチ
約45億円

8位 裂空の訪問者 デオキシス
約43億8000万円

9位 ビクティニと黒き英雄 ゼクロム & ビクティニと白き英雄 レシラム
約43億3000万円

10位 ミュウと波導の勇者 ルカリオ
約43億


とのことですから、こうしてみるとぶっちぎりの一位です。

さすが、劇場版ポケットモンスターでもっともオススメされる劇場版作品だけありますね!

ちなみに、今年公開の劇場版、「キミにきめた!」は現在興行収入34億を超えたところだそうです。

「ミュウツーの逆襲」を超えるには、ここから倍以上の伸びを見せないと超せないのですね・・・。

次はどの伝説のポケモンが実装されるのか?

興行収入ランキングの上位を占めるエンテイルギアはすでに実装され、人気を博していますね!

ポケモンGOに次に追加される伝説のポケモンはどの劇場版作品のポケモンになるでしょうか?

先日イベントで先行実装されたばかりのミュウツーや、伝説の三犬のレイド終了後に実装がウワサされているホウオウはもちろん。
ジラーチセレビィの実装はこの中では比較的早く実装がされるかもしれませんね。

あらたな伝説のポケモン実装に、今後も期待が高まるばかりです!

今注目の最新情報一覧

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントを投稿する


サブコンテンツ