通常わざは相手を「攻撃」するために存在しますが、一部のポケモンは攻撃を行わない特殊なわざを持っています。
今後も増える特殊わざを持つポケモンにどう対応していくのか、実装はかなり難しそうです。

実装されないポケモン達の共通点は特殊わざ?!

相手の技をコピーするスケッチ

第二世代と呼ばれる金銀ポケモンの中で、いまだ実装されずにいるポケモンに「ドーブル」がいます。

このポケモンが実装されない理由が、ドーブルの持つ特殊な技「スケッチ」にあると言われています。

スケッチというわざは相手のポケモンのわざを「コピー」して、自分のわざにするわざです。

似たようなわざにメタモンの「へんしん」がありますが、メタモンはその戦闘中だけ相手のわざをコピーするわざです。

対してドーブルの「スケッチ」は、コピーした「相手のわざ」と、もとのわざである「スケッチ」を差し替えます。

習得したわざはその戦闘が終わった後も永久に使うことが可能です。

ポケモンGOでは野生のポケモンに遭遇しても、相手がわざを使用してくることはありません。

実質ジムバトルかレイドバトルでしか「スケッチ」を使用することができず、また「相手のわざを習得する」という行動が特殊なため実装が見送られているようです。

使うごとに効果が変わるプレゼント

上記のドーブルと同様に、未実装の第二世代のポケモンに「デリバード」がいます。

デリバードも「プレゼント」という特殊なわざを使います。

「プレゼント」は、使うたびに

・威力40の攻撃
・威力80の攻撃
・威力120の攻撃
・相手を回復

のなかからどれかが選ばれるという、非常にギャンブル要素の高いわざです。

とくにポケモンGOのバトルシステムでは、バトルの最中に「回復する」ということが想定されていないつくりになっているため、それが実装が見送られている要因であるといわれています。

もし実装されるなら?

野生ポケモンとも戦えるようにする?

ドーブルのスケッチやデリバードのプレゼントを実装するとしたら、特殊わざの使用できる場所を広げるため、野生ポケモンとも戦える機能が実装されるかもしれません。

現在は「きのみ」を与えることで、捕獲の確率をあげていますが、もし野生のポケモンと戦える機能が追加されれば、原作同様に弱らせることでも捕獲率を上げることができるようになるかもしれません。

そうなれば、たとえばただHPを減らすだけだと逃走しやすくなるとか、マヒやどくなどの状態変化だと逃走確率を減らせるなど、捕獲方法に戦略性が生まれることも予想されます。

現状のシステムに合わせる?

上記以外の方法としては、やはり現在のポケモンGOのシステムに合わせて実装することも考えられるのではないでしょうか?

たしかに野生ポケモンとの戦闘要素など大々的な変更となりますから、実装に踏み切るのには時間がかかってしまいます。

それなら今あるシステムに寄り添うカタチで特殊わざを実装するほうがはるかに堅実です。

ドーブルのスケッチであればジムバトルでのみ使用できる、あるいは捕獲時に相棒にしていたポケモンのわざをコピーしているなど、解決方法はいろいろあるかと思います。

デリバードについてはバトル時に「使用ごとに効果がランダムになる」「バトル時にも回復できる」というプログラムを新たに組み込むしかなさそうです。

それに、メタモンの実装がポケモンGOのシステムにそって実装された事例もありますから、特殊わざに関しても、ポケモンGOのシステムを極力崩さないカタチで実装される可能性が高いのではないでしょうか?

今注目の最新情報一覧

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントを投稿する


サブコンテンツ