ツイッター上で色違いポケモンには略称はあるの?という話題がツイートされていました!!
原作ではあまり呼ばれなかった名前がポケモンGOでは上がっているようですが・・・?

色違いポケモンって?

原作金銀で登場したレアポケモン!

色違いポケモンとは、極めて低い割合(8192分の1、およそ0.0122%。XY以降は倍の4096分の1)で出現する、通常とは違う色をしたポケモンのこと。

です。

原作では金銀から登場し、ネットのあまり普及していない当時は大きな話題となりました。

ポケモンGOでは2017年3月23日~3月30日まで行われた「みずタイプ」のポケモンたちのお祭りイベントで、初めて「金のコイキング/赤いギャラドス」の出現が確認されました。

色違いポケモンの略称

ツイッター上では色々な呼び方が・・・

ポケモンファンだけではなく、いろいろな方が集まるツイッター上では、様々な色違いポケモンの呼び方があるようです。

よく聞かれるのは

・色違いのコイキング → 金コイ
・色違いのピカチュウ → 焦げピカ
・色違いのヤミラミ → 金ヤミ

などでしょうか?

・色違いのヨマワル
・色違いのカゲボウズ

などは、上記のツイートのようにまだ呼び方が定着していない印象があります。

原作ファンの間ではなかなか生まれそうにない、裾野の広いポケモンGOならではの略称もあってなかなか面白いですよね!

原作の略称は?

原作での色違いの略称はあまりなく「色違いの○○」と呼ばれることが多い印象です。

たとえば、現在ポケモンの公式サイトで開催されているイベント「化ける!ピカピカゴーストパーティ!」の説明文には

ピカチュウ・キテルグマ・ミミッキュが、ゴーストタイプのポケモンたちのパーティに招待されたみたい!
「色違いのミミッキュ」のプレゼントや、お買い物で特製クリアカードがもらえるキャンペーンが開催されるほか、ハロウィンらしい衣装に身を包んだピカチュウたちのグリーティングも必見!

と記載されています。

公式でも「色違いのミミッキュ」と言っていることから、「色違いの○○」というのが、正式な呼び方であり、原作プレイヤーの間でもそのまま使われているようです。

今注目の最新情報一覧

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメント

  1. 匿名 より:

    金ヤミではなく、ヤミ金では?

    この辺のネーミングセンスがネット時代だなと
    オジサンは感じるのである。

  2. Pokemon Master より:

    金ラミ、赤マル、青ボウズ、金コイ、コゲピカ とうちの地域では呼ばれてる模様。闇金はよろしくないのでやめよう、と(笑)

コメントする

サブコンテンツ