難しい編成を迫られるホウオウレイドに皆さん悩まされていませんか?
現段階で考えられる簡単な対策をご紹介します。

ホウオウレイドの編成は難しい!

高い耐久力とソラビが厄介!!

ホウオウはこれまでの伝説レイドの中でもトップクラスの耐久力を持ったポケモンで、弱点をついてもなかなかHPが減りません。

過去レイドの中ではルギアを相手にしている感覚が一番近いと言われています。

また、場合によってはソーラービームを使用してくる可能性があるため、じめん/いわ/みずタイプのポケモンばかりの編成にするとあっという間に全滅してしまう可能性もあり、非常に厄介な相手です。

ソラビ持ちか否かで対策を考えよう!

レイドバトルのメンバー編成の基本

レイドバトルでのメンバーの編成は最大DPSを出すことを優先に考えるのが基本と言われています。

そのため、基本は防御性能よりも攻撃性能を重視してメンバーを選出したほうが良いです。

やられてしまっても時間内であればアイテムを使用して再挑戦が可能なため、場合によっては復活も視野にいれ、攻撃優先の編成を行います。

ただし、再挑戦には時間がかかるので下手をするとDPSが落ちてしまいます。

復活再挑戦は行っても1度が限度でしょう。

ソラビを持ってないホウオウの場合

相手のホウオウソーラービームを持っていない場合は、基本的に耐久力の上がったファイヤーと考えればいいと思います。

ファイヤー対策のポケモン達を利用し、2重弱点をつけるいわタイプの攻撃をタイプ一致で放ち、ガンガン攻めていくのが良いでしょう。

とくに高い攻撃を有しているバンギラスなどでストーンエッジを放てば、ホウオウのHPをかなり減らすことが可能です。

ダメージを気にしなくていい先鋒には攻撃力の高いバンギラスなどを入れましょう。

ソラビ持ちのホウオウの場合

上記の動画のホウオウソーラービーム持ちですがバンギラスが簡単に沈んでいますね。

このように相手がソーラービーム持ちのホウオウだった場合は、バンギラスであっても削りきる前に全滅してしまう可能性が高いです。

もちろん参戦人数によっては押し切れることもありますが、押し切れない人数の場合はソーラービームを回避しつつ前半をバンギラス、後半をソーラービーム耐性を持ち、タイプ一致で弱点をつけるでんきタイプのサンダーか、耐性はないですが同じく弱点をつけるライコウで時間いっぱいダメージを稼ぐ手段に切り替えたほうが良いかもしれません。

あるいはライコウ・サンダーのみのでの編成でもかなり有効だとおもわれます。

今注目の最新情報一覧

レイドバトル情報

伝説ポケモンの最新情報

コメントする

サブコンテンツ