第三世代で唯一、まだ種族値・CPが不明なポケモン。第三世代最大のナゾであり最強(かもしれない)ポケモン。そう、4つのフォルムを持つアイツ! デオキシスです。

ナゾがナゾを呼ぶそのフォルムとスペックと

DNAがイメージのモチーフ(?)

ミュウツーの次のEXレイドボスはホウオウだと予想されていましたが、そのホウオウがレイド5のボスとして登場してしまったことで、ディオキシスが次のボスではないかという予想が浮上してきています。少なくともレイド5以上で出現することは間違いないでしょう。

デオキシスという名前はDNAの正式名称であるデオキシリボ核酸から来ていると言われています。形状もDNAのらせん構造をモチーフにしていることが伺えますね。

最大の注目点はノーマル、アタック、ディフェンス、スピードの4つの形態に変化できるフォルムチェンジの能力です。特にアタックフォルムではミュウツーを凌ぐ攻撃力を持つと予想されています。原作の種族値を元にはじき出された攻撃種族値はなんと414! ディフェンスフォルムでの防御種族値も368と圧倒的です。

フォルムチェンジについては以下の詳しい解説記事をご覧ください。

4つのフォルムの実装方法を予想してみる!

ランダム進化? アイテム進化? それとも??

各フォルムとも未来感というか宇宙感というか、他のポケモンとは一線を画すカッコよさですね! 果たして、この4つのフォルムがどのようなカタチで実装されるのか。ちょっと予想してみました。

別々の個体として登場する場合

ノーマル、アタック、ディフェンス、スピードの4つの形態が、それぞれ別々のポケモンとして登場するかもしれません。レイドボスとして登場するとすれば、4タイプがランダムに出現するかも。或いはノーマルタイプがレイドボスとして登場し、ゲットチャレンジの際にタイプが分かれるとか。そうなると4タイプ揃える→しかも厳選となると、かなりハードルが高くなりそうです。

ノーマルタイプを元に進化する

レイドボスとして登場するのはノーマルタイプのみ。その後に一定の条件で進化すると残りの3タイプになるという方法もあるかもしれません。或いはそれぞれのタイプに紐付いた進化アイテムで進化するとか。逆にそれならば各タイプを揃えるのは簡単(というか確実)ですね。もしブイズのようなランダム進化だと進化ガチャ→厳選のハードルが上がってしまいます。

そしてスピードフォルムはどうなる?

気になるのはスピードフォルムです。現在のポケモンGOには「素早さ」の概念がありません。現行のシステムのまま実装となると、ノーマルフォルムよりやや低いスペックで動きが軽快になる感じでしょうか。「素早さ」が導入されれば輝くポケモンたちが他にもいますから、新たなシステムの実装も期待したいですね。

いくつかパターンを予想してみましたが、現状、ハピナスなどごく一部のポケモンを除けば、ポケモンの優劣の最大の要素は攻撃。となるとアタックフォルムが最強で、登場するのもノーマル→アタックフォルムだけという場合もあるかもしれません。

しかし、せっかくフォルムチェンジという特徴を持ったポケモンですからディフェンスフォルムも欲しいところ。ジムの活性化のためにも、ジム置きに適したスペックの登場も期待したいです。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメント

  1. 匿名 より:

    ディオキシスは草

  2. 匿名 より:

    ディオキシスwww

  3. 匿名 より:

    最初は全部ノーマルで、現状の進化アイテムに近いポジションの「キーアイテム」が実装されて、それ使ってフォルムチェンジするってのがいいんじゃないかな。

  4. 匿名 より:

    ジムにはおけないよね。

コメントする

サブコンテンツ