おこうとルアーモジュールの違いについてご紹介します。
おこうの最低&最大出現ポケモン数バイオームの影響を受けるかなど、意外と知らないことも多いかも?!

おこうとルアーモジュールの違い

おこうの効果と特徴

ルアーモジュールの効果と特徴

おこうとルアーモジュールの違い

おこうとルアーモジュールの大きな違いはポケモンの出現方法にあります。

ルアーモジュールは何もしなくてもポケモンが出現しますが、おこうは移動したほうがポケモンの出現数が増えます

またルアーモジュールに関してはまだ不明ですが、おこうはバイオームの影響を受けるとされています。

そのため、欲しいポケモンの出現しやすい地域を狙って利用することで、狙ったポケモンが出現しやすくなる可能性をある程度高めることが可能とされています。

その他の補足説明など

おこうの効果について

おこうの効果に関しては海外サイトで解析が行われ、コードによって詳しい効果が判明しています。


※解析当時に公開されたおこうに関するコードの画像

当時の解析によると移動時には60秒で200m移動するごとに1匹、移動していないときには300秒で1匹のポケモンが出現するように設定がされているようです。

参考および引用サイト:TheSilphRoad

バイオームについて

バイオームとはもともと生物学の専門用語で、ポケモンGOではその地域に出現しやすいポケモン(の生息傾向)を指します。

山・水辺・工業地帯などで異なるバイオームが設定されており、これによって出現するポケモンの傾向が変わるとされています。

また、おこうで出現するポケモンはその地域のバイオームの影響を受けるとされています。

ただ、同じ地域でも異なるバイオームが重なっていることもあるため、例えば海のバイオームがあっても必ずしも関連するポケモンが出現するわけではない点には注意が必要なようです。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメントする

サブコンテンツ