こんにちは!てぃぼりです。

天候別にお届けしていたグラードン攻略情報をひとまとめにした一覧表をお届けします!

対グラードン カウンターリスト

グラードンまとめ
※タップ(クリック)して拡大してご覧下さい。

リストの説明

全天候総まとめ!

天候別にお届けしていたグラードンの攻略情報を、ひとまとめにしたものです!

耐久力が一定以上のポケモンを、DPS順に6種類ずつ掲載しています。

グラードンの出現期間はあと1週間。
ラストスパートでぜひ参考にしてみて下さい!

なお、戦いやすさを意識して、耐久力の掲載基準は天候別の攻略情報よりやや引き上げています。

耐通数(耐通常技回数)について

簡単に言えば耐久力を現した数値です。
この値が大きいほど、敵の攻撃に多く耐えられます。

またこの値はある具体的な値で、知っておくと実戦でとても有効です。

詳しくは次章の戦い方をご覧ください!

耐久力を意識した戦い方

何を現した数値?

天候別の攻略情報では、何発目のゲージ技まで耐えられるか(耐ゲージ技回数)で耐久力を現していました。

しかし敵の2発目のゲージ技を超えられないポケモンがほとんであることから、「敵の1発目のゲージ技の前後のこと」を詳細に表した数値です。

耐通数は、「ゲージ技1発と合わせて通常技に何発耐えられるか」を現しています。

戦闘の流れを予測する

例えば耐通数が「5」であったとします。
すると1発目のゲージ技の前に通常技を何発打たれたかによって、次のように回避すべきかどうかを判断することができます。

文章で書くと難しいのですが、同じポケモンで同じ相手と何度も戦った上級者であれば、経験から同じような判断をしながら戦っている方もいることでしょう。
その切り分けをはっきり数字にしたものです。

なおポケモンレベル(PL)40・個体値100%のときの値で、PLや個体値しだいで変動しますが、それらが多少違っても変わらないことが多いです。

ケース①

場に出てから通常技を連続で6回打たれとします。
するともうゲージ技に耐えられないということが分かります。

避けバグの発生を前提にすれば、ゲージ技に対し回避行動をとる意味がないので、死亡するまで攻撃を続けるのが最善となります。
このデッドラインを分かっていることで無駄な行動を減らせます。

また、どうしても長生きしたい場合は、5発目以降の通常技を回避することでゲージ技が避けバグ圏内となることを遅らす方法もあります。

ケース②

通常技5回でゲージ技を打たれたとします。
そのゲージ技を回避しなかった場合、次の通常技で倒されてしまいます。

しかしそのゲージ技は避けバグなく回避することができ、回避したら次のゲージ技まではほぼ確実に生存することができます。
回避がとても有効な状況です。

ケース③

2番手以降で場に出て、いきなりゲージ技を打たれたとします。
すると回避しなかった場合、次のゲージ技までに通常技に5発耐えらえることが分かります。

5発以内で次のゲージ技が来る可能性は比較的高いです。
また、たとえ1発目のゲージ技を回避したとしても2発目のゲージ技を超えることはできません。
回避してもしなくても同じ時点で死亡する可能性が高いので、それならば直撃を受けてゲージを溜めた方がよいです。

何より慣れ!

この要領でイメージしていけば、使ったことがないポケモンでも、どのように戦うのがよいかが判断できるようになります。

でもこういった判断は、戦闘に余裕がないとできないですね。

厳密な判断は難しくても、通常技何発とゲージ技何発で倒されるのかというのを意識しながら戦うと行動しやすくなるので、より最適な行動を目指したい方は試してみて下さい!

天候別攻略記事へのリンク

「晴天」
「ときどき曇り」
「曇り」
「雨」
「雪」
「強風」
「霧」

天候に合わせてぜひご活用下さい!

てぃぼりTwitter

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ