原作でライバル関係?にあったザングースとハブネークはどちらが強いポケモンなのでしょうか?
また、ザングースとハブネークは全体的にみてどれぐらい強いポケモンなのでしょうか?

 ザングースVSハブネークはどっちが強い?

ザングースとハブネークの基礎データ

ザングースの方が有利?

ザングースはハブネークの弱点であるじめんタイプのわざ「あなをほる」を使えるため、タイプ一致ではないもののハブネークに対して優位に立ち回れます。

対するハブネークはどくタイプでタイプ一致わざをつかえるものの、ザングースの弱点を突くことができません。

単純にザングースの方が攻撃種族値が高いこと。

加えてハブネークがどくタイプのわざでタイプ一致を撮った場合のダメージ係数が1.2倍なのに対して、ザングースがじめんタイプのわざでハブネークの弱点を付いた場合のダメージ係数は1.4倍という部分で、ザングースの方が若干優位です。

ただ、天候が曇りだった場合は、どくタイプのわざにブーストが掛かるため同じぐらいの戦いになるかもしれません。

ザングースとハブネークに使い道はある?

ザングースは対ゴーストタイプ要員?

第三世代までのノーマルタイプを攻撃種族値順に並べてみると、ザングースは上位に入ってきます。

しかし、一つ上のリングマが種族値のバランス的に優秀なポケモンで全体的にザングースを上回るうえ、ザングースは覚えるわざにノーマルタイプがなく、タイプ一致を利用できません。

また、攻撃種族値30程度の差だと、はかいこうせん持ちで耐久力もあるカビゴンの方が強くなってくるため、こうなってくるとノーマルタイプとしての活躍はちょっと難しいかもしれません。

あえて活躍の場を見出すとすれば、タイプ一致はとれないものの、シャドークロー&つじぎりを利用できるため、対ゴーストタイプとして、他のノーマルタイプと使い分けできる場面もあるかも?

ただ、対ゴーストタイプだとすでにバンギラスなど有効なポケモンも多いのがちょっとネックですね。

ハブネークの活躍は難しそう?

複合でどくタイプを持つポケモンは意外と多く、第三世代まででどくタイプをもつポケモンを見てみると、かなり競合相手が多いです。

そのなかでもハブネークは攻撃に特化した種族値をしていて、一応攻撃種族値順に並べた場合TOP10に入りはするのですが、全体としてみれば攻撃に特化したポケモンにはゲンガーがおり、総合的に見てもウツボットやニドキング、ラフレシアなど、比較的入手が容易なポケモン達に負けてしまっています。

どく単タイプとしてみたとしても、攻撃種族値がやや劣るぐらいで他の種族値で圧倒的に優位なベトベトンなどがおり、ちょっと活躍の場を見出すのは難しそうです。

また、ザングースと違って耐性を持ちつつ弱点を突けるようなわざの構成も特にないため、限定的な場面を想定しての利用もちょっと厳しいかもしれません。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメント

  1. TL40 より:

    どちらも図鑑コンプ要員。攻撃力の高いやつは山ほどいるし

コメントする

サブコンテンツ