年末年始イベントが終了してから野生のポケモンの出現率に変化が起きているようです。
どんなポケモンの出現率が上がったり下がったりしているのでしょうか?

野生ポケモンの出現率が変化した?!

第三世代のポケモンの出現率が変わった!

年末年始イベントが終了した翌日である1月6日あたりから、野生ポケモンの出現率が変化したとの報告が相次いでいます。

とくに第三世代のポケモンの出現率の変化に関する報告が多く、ヒンバスやホエルコを多く見かけるようになったという声や、逆に第三世代御三家のアチャモやミズゴロウなどの出現率が下がっているという声を良く耳にします。

初代の進化系ポケモンが出現しやすい?

また、第三世代以外では初代のポケモンの進化系を良く見かけるようになったという声もでています。

フシギバナなどはまだまだくさタイプで第一線級の活躍をしてくれるポケモンなので、天候ブーストで高個体値高レベルの状態でゲットできたら嬉しいですね!

出現率の変化が確認されたポケモン

出現率の変化したポケモン
出現率アップ ・ハスボー
・ホエルコ
・ヒンバス
・キノガッサ
・ハリテヤマ
・ヤルキモノ
など
出現率ダウン ・マルノーム
・サメハダー
・ワカシャモ
・アチャモ
・ミズゴロウ
・ヘイガニ
など

現在ツイッター上などで確認した出現率が変化したとされるポケモン達の一部です。

中には出現率がほとんど変わっていないポケモンもいたり、天候ブーストなども絡んでくるため正確な出現率の確認が難しいのですが、アチャモやマルノームといったポケモンはブーストを加味しても明らかに出現率が低下しているという声が大きいです。

逆にホエルコなどは年末年始イベントで他のポケモンの出現率上昇で相対的に出現率が低下していただけで、イベントの効果が切れてからはコイキング並みに見かけるという意見もありました。

その他、年末年始イベントの終了とともにハブネークとザングースの出現地域が交換されるなどもしているため、このタイミングで全体的に野生ポケモンの出現率調整が行われた可能性は高そうですね。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメント

  1. 匿名 より:

    プレイしてりゃわかること。
    何が出る出ないは地域差があるので言及することに意味はない。

  2. TL40 より:

    ポッポやコンパンが復活して出過ぎ。第三世代ではタマザラシ、キモリも多い。アチャモは見かけなくなったから早めにバシャーモに進化させて良かった。

  3. ペイニキ より:

    休日のオヤジ早く作りたい

  4. 匿名 より:

    ロザリアうざすぎ
    以前のカラス並みにでてる

  5. 匿名 より:

    天候ブーストの影響だよ。
    少し考えたらわかると思うがな。

コメントする

サブコンテンツ