新しくレイドボスとして登場した新ポケモン「ボスゴドラ」の強さや魅力はどこにあるのでしょうか?
運用方法オススメのわざ構成などを含めてご紹介します。

ボスゴドラってどんなポケモン?

ボスゴドラの基礎データ


ボスゴドラの強さと魅力

ボスゴドラは幅広い耐性高い防御種族値が魅力のポケモンです。

防御種族値に関してははがねタイプのなかでハガネールに次ぐ数値を持っています。

また、攻撃種族値も現在出現中のはがねタイプで第3位の実力を持っており、ハガネールと違って防御偏重型でありながら、攻撃もある程度こなせるだけの攻撃種族値を持っているのが特徴です。

ボスゴドラのオススメのわざや使い方

ボスゴドラは防衛には向かない!

ボスゴドラは幅広い耐性と高い防御種族値を持っていることから、防衛ポケモンとして活躍させたいと思う方も多いと思います。

しかしかくとうタイプとじめんタイプに対して2重弱点を突かれてしまうため、相手のタイプに合わせて攻撃ポケモンを選べるポケモンGOでは、ジム防衛には不向きなポケモンです。

防御をいかすならストーンエッジ!

この高い防御種族値をいかすには攻めに転じる必要があります。

オススメなのはひこうタイプのわざを使用してくるポケモンに対するカウンターです。

ゲージわざにストーンエッジを持たせることで高い防御種族値とひこうタイプに対する高い耐性でダメージを抑えつつ、弱点を突くことが可能です。

通常わざに関してはタイプ一致の取れるアイアンテールの方がダメージが出るため、この運用をする場合はアイアンテール・ストーンエッジの構成をおススメします。

はがねタイプならヘビーボンバー!

また、ボスゴドラは通常わざ・ゲージわざ共にはがねタイプでタイプ一致・統一をはかれる点も魅力です。

はがねタイプで高い攻撃種族値を持つハッサム・レアコイルは通常わざにはがねタイプのわざを持っていないため、タイプ一致を取ることができません。

攻撃種族値順に並べると次点でタイプ統一をはかれるのは、なんと進化前のコドラ、そしてハガネールです。

もしはがねタイプでタイプ一致・統一ポケモンとして運用するならもちろんアイアンテール・ヘビーボンバーの構成をおススメします。

このわざ構成はボスゴドラが最も威力を出せるわざの構成(コンボDPS)にもなっています。

はがねタイプとしては優秀だが・・・

ボスゴドラははがねタイプとしてみると優秀ですが、防御偏重型のポケモンであるため、全ポケモンで比較するとややパワー不足に感じると思います。

ポケモンGOのバトルシステムでは攻撃種族値が最も重要視されており、全体的に防御種族値が売りになっているポケモンはバトルでの活躍が若干難しいです。

また、はがねタイプでタイプ一致・統一を取れるのは確かに魅力なのですが、天候ブーストの力を借りない限り、多くの場合攻撃種族値がかなり高いハッサムのれんぞくぎり・アイアンヘッド構成にはDPSでかないません

ただし、レイドボスとして出現している関係で進化アイテムの必要なハッサムよりは入手しやすく、またいわタイプをもつため天候ブーストの影響を受けやすく高レベルの状態での入手もしやすいため、ハッサムやレアコイルなどのポケモンが揃っていない場合は候補として考えてみてもいいかもしれません。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ