こんにちは!てぃぼりです。

個体値早見表の上位部分と、天候別の攻略情報を1枚にまとめた攻略シートをお届けします!

カイオーガ攻略シート

カイオーガシート
※タップ(クリック)して拡大してご覧下さい。
プリントアウトして持ち歩くとより便利です。

解説

攻略情報をぎゅっと詰め込みました!

個体値早見表の上位部分と、天候別の攻略情報を1枚にまとめたシートを作りました!

残り2週間のカイオーガ戦のお供にご活用下さい!

天候による最適ポケモンの変化

対グラードンに比べると天候による最適ポケモンの変化は少ないですが、主な変化として次の4点があります。

・晴天:くさタイプ
・曇り:かくとうタイプ
・雨:でんきタイプ
・強風:ドラゴンタイプ

晴天時のくさタイプ

くさポケモンやグラードン(ソーラービーム)の順位が上がります。

とくにハイドロポンプのナッシーとかみなりのジュカインは、全天候・技の中で唯一、平均DPSでライコウに勝ります。

その他の主要なくさポケモンも、ハイドロポンプかかみなりであれば、低PLのライコウよりはDPSで勝ります。

なおグラードンの通常技は、晴天であってもソーラービームの回数が変わらなければドラゴンテールの方が強く、フル強化付近であれば戦闘の流れによらず対かみなりならソーラービーム2発、ふぶきなら1発がほぼ動かないため、やはりドラゴンテールの方がよさそうです。
ただしグラードンがより低PLなどでゲージ技を打てる回数が変動する場合は、マッドショットの方が平均DPSが高くなる場合があります。

曇り時のかくとうタイプ

対かみなり、ふぶきでDPS上位に入ります。

とくにカイリキーはライコウ・サンダーに次ぐ存在となるので、カイリキーをたくさん育てている人は、対かみなりではライコウ・サンダー以外、対ふぶきではライコウ以外をカイリキーで埋めるとよいでしょう。

また全滅しやすいふぶきでは、ハリテヤマやバシャーモも上位となります。
第一陣の6体以内に入らなくても、それらのポケモンを中心に予め第二陣を組んでおけば、全滅しても素早く再出動できます。
(以前はバグにより再出動すると捕獲時のボールの数が損でしたが、現在は直っているようなので躊躇なく再出動ができます!)

雨時のでんきタイプ

でんきタイプのポケモンがランキングのほとんどを占めます。

カイオーガの攻撃力も上がっているなか、こちらもブーストされるでんきタイプで攻めるべきなのか、少しでも耐えられるポケモンを当てるべきなのか悩むかもしれませんが、その答えは「分割ゲージのでんき技で刻むべし!」です。

筆頭はもちろんライコウで、PL25程度でPL40のサンダースとほぼ同じ強さとなり、第一線で活躍します。

でんきポケモンたちはあっという間に倒されてしまうものの、分割ゲージであれば、死ぬまでに他のポケモンを凌駕する戦績を残せます。

全滅してもすぐに再出動できるよう、予め第二陣を組んでおくとよいでしょう。
一般に、回復する時間をかけるくらいなら、セカンドチョイスのポケモンでもすぐに再出動した方がよいです。
ロビーでもたもたする時間を減らすこともテクニックのひとつです。

強風時のドラゴンタイプ

対ハイドロポンプorかみなりで、カイリューがライコウに次ぐ存在となります。

もしボーマンダが実装されればカイリューをやや上回るとみられます。

カイリューの技はドラゴンテール/げきりんですが、りゅうのいぶきでも大幅には変わりません。

その他強風時には、ミュウツーの最適技がサイコキネシスとなっていますが、シャドーボールでもほとんど変わりません。

カイオーガ攻略情報一覧

天候ごとの攻略データの詳細は別ページにまとめましたので、詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい!

・全天候まとめ!

・「晴天」
・「ときどき曇り」
・「曇り」
・「雨」
・「雪」
・「強風」
・「霧」

・総合(天候なし)
・ライコウのPLによる変化

戦績の算出条件などは「総合(天候なし)」をご覧下さい。

てぃぼりTwitter

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ