てぃぼりさんのオススメするカイオーガ対策ポケモンと、そのポケモンの強化・育成の目安となるダメージブレイクポイントをまとめました。

ダメージブレイクポイントについて

強化・育成の目安に!

ダメージブレイクポイントは攻撃個体値とポケモンレベルの変動によるダメージの切り替わるポイントに注目した考え方です。

「あと何レベル強化すればダメージがあがるのか?」
「ダメージの成長限界まできていないか?」

などを主に判断し、育成リソースの節約や少し踏み込んだ強化・育成を目指す方の目安として利用されています。

もう少し踏み込んだ説明は下記記事をご覧ください。

カイオーガオススメ対策ポケモンのDPBまとめ

ライコウ

どのわざにも対応できるカイオーガ対策ポケモンでぶっちぎりのエースです。

PLが低くてもDPSを稼げるため、場合によっては育成リソースの節約にもなります。

サンダー

どのわざのカイオーガでも高いDPSを出しますが、とくにかみなり持ちのカイオーガで活躍します。

ふぶき持ちのカイオーガでは弱点を突かれてしまうもののDPSは高いようです。

サンダース

でんきタイプの伝説がいない場合、時点でDPSを出せるのはサンダースになります。

ふぶき持ちやかみなり持ちのカイオーガで活躍します。

ナッシー

高い攻撃種族値をいかしたソーラービームが強力です。

ハイドロポンプ持ちのカイオーガで活躍します。

ジュカイン

ハイドロポンプ・かみなり持ちのカイオーガで活躍します。

とくにかみなり持ちのカイオーガでは、小刻みに放つリーフブレードを生かした安定したDPSでナッシー以上の活躍をするようです。

フシギバナ

ハイドロポンプもちのカイオーガで主に活躍します。

生存率が高く、通常わざの硬直時間が短いためPTの最後に編成してゲージわざ回避をしながらDPSを稼ぐのに向いているようです。

ミュウツー

かみなりではややランクが落ちますが、どのわざのカイオーガにも安定したDPSを稼ぐ、カイオーガ対策としては中堅的な位置のポケモンです。

ただし、きあいだまよりもシャドーボールでないとDPSが大きく落ちるようです。

グラードン

タイプ一致ではないもののソーラービームを持つことでミュウツーと同じくどのわざのカイオーガに対しても安定したDPSを稼ぐ対策ポケモンです。

とくにかみなり持ちのカイオーガではミュウツー以上のDPSをだし手堅い戦いを見せるようです。

なお、上記のオススメポケモンは下記の記事を元に選出しております。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメント

  1. さとしでございません より:

    今日は1秒マップに早朝からどこもレイドが表示されず、しかもジムのチームカラーも占拠しても変更無い。唯一の仕事休みにカイオーガレイドを堪能してバイバイしたかったのにな〜。

コメントする

サブコンテンツ