人気のボスゴドラは果たしてレックウザ対策として活躍できるのでしょうか?
高い防御能力をどう活かすかがカギとなってきそうです。

ボスゴドラとレックウザの基礎データ

ボスゴドラの基礎データ

レックウザの基礎データ

対レックウザとして見たボスゴドラ

高い防御種族値を活かそう!

上記の基礎データのとおり、ボスゴドラは非常に高い防御種族値を持つポケモンです。

また、レックウザは現在判明しているの内部データだと「ひこう・ドラゴン・いわ」タイプのわざを使ってくる予定なのですが、ボスゴドラはわざのタイプ相性が非常に良く、どの構成で挑まれた場合でもレックウザに弱点を突かれることがありません。

≪対ボスゴドラ(PL40)のレックウザ(PL40)のコンボDPS≫

エアスラッシュ ドラゴンテール
つばめがえし 4.59 5.91
げんしのちから 4.85 5.97
げきりん 6.36 7.62

いつもと逆の掲載情報なのでちょっと見にくいかもしれませんが、レックウザがボスゴドラを相手にした場合のコンボDPSを掲載してみました。

このとおり、高い防御種族値と弱点を突かれないおかげで、高い攻撃種族値を持つレックウザの攻撃をかなり低く抑えることが可能です。

とくに二重耐性を持つひこうタイプのわざ構成のレックウザに打たれ強く、エアスラッシュ・つばめがえし構成のレックウザ相手だと最小ダメージに抑えることができます。

少し比較対象がないとすごさがわからないと思うので、レックウザに対して高いダメージを期待されているカイリューだとどうなるのかご紹介したいと思います。

≪対カイリュー(PL40)のレックウザ(PL40)のコンボDPS≫

エアスラッシュ ドラゴンテール
つばめがえし 13.46 17.41
げんしのちから 14.56 17.92
げきりん 19.09 22.87

カイリューだとこの通り、かなりのダメージを受けてしまいます。

レイドボスは攻撃間隔が1.5秒~2.5秒となるので、実際にこのコンボDPSのダメージを与えてくるわけではないのですが、ボスゴドラの硬さは少しご紹介できたかなと思います。

レックウザの弱点を突ける

また、ボスゴドラは通常わざにはドラゴンテール、ゲージわざではかみなりとストーンエッジと、レックウザの弱点をつけるわざを持っています。

タイプ一致ではないもののドラゴンテールが使えること、またストーンエッジではタイプ一致で弱点を突けるため、トップアタッカーと比べるとやや低めなものの、レックウザに優位に立ち回ることが可能です。

≪対レックウザ(PL40)のボスゴドラ(PL40)のコンボDPS≫

ドラゴンテール アイアンテール
ヘビーボンバー 14.76 12.81
かみなり 13.84 11.88
ストーンエッジ 16.63 14.11

オススメのわざ構成はすでにご紹介したとおりドラゴンテール・ストーンエッジで、タイプ一致の取れないかみなりよりも断然ストーンエッジの方が強くなります。

少人数攻略には向かないが・・・

ボスゴドラは防御偏重型の多いはがねタイプということもあり、攻撃種族値がやや低めのため少人数攻略等で活躍する花形エースアタッカーとしての活躍は難しいと思います。

しかし、人の多いレイドバトルなどでは防御種族値を生かして手堅く戦え、被ダメージが少ないことから最近絞られ気味の回復アイテムの節約などをすることも可能です。

クリア優先でそこまでプレミアボールの数は求めてない、回復アイテム節約したい、初心者でレックウザのそれぞれのわざに対するカウンターポケモンが用意できてないという場合。

またパーティの最後で復活するほどの時間はないけどなるべくダメージを与えたいという場合には活躍しそうなポケモンです。

今注目の最新情報一覧

ホウエン地方の最新情報!

伝説ポケモンの最新情報

コメントする

サブコンテンツ