kinsi-1

日本国内でポケモンGOが禁止となっている区域やエリア、敷地内などを一覧にしました。

ポケモンを捕まえに色んな地域に遊びに行こうと考えているトレーナーにみなさんは禁止エリアではポケモンGOをプレイしないように注意しましょう!

ポケモンGOには禁止区域がある!

位置情報や実際のカメラ機能を使って遊ぶポケモンGO。
実際に様々な場所を歩かないといけないので外に出て歩き回るのもいいですが、中には禁止の区域もあるので注意しましょう!
マナーを守ってポケモンをゲットしましょう!

禁止エリア、場所一覧

出雲大社(島根県) 仙台育英高校(宮城県)
伊勢神宮(三重県) 雲昌寺(神奈川県)
宮崎神社(広島県) 平和記念資料館(広島県)
恐山(青森県) 大阪城(大阪府)
熊本城(熊本県) 海軍記念館(京都府)
岡山大病院 光生病院(岡山県)
法隆寺(奈良県) 子安神社(東京都)
金刀比羅宮(香川県) 総持寺(神奈川県)
葛飾八幡宮(千葉県) 猪名野神社(兵庫県)
二条城(京都府) 筑波実験植物園(茨城県)
東山配水場(愛知県) 国立成育医療研究センター(東京都)

いったいどんな場所が禁止になりやすい?

実際にどんな場所でポケモンGOが遊べない、プレイ出来ないのかを詳細にご説明します。

もともと立ち入り禁止の場所!

まず、ポケモンGOが禁止になっているなっていないにかかわらず立ち入り禁止の区域には入らないようにしましょう。
こういった施設やエリアがポケストップになっている場合もありますが、これらは実際にその場所を管理している方がポケストップの削除依頼などを出して対応している可能性もあります。
立ち入り禁止となっている場所は絶対に入らないようにしましょう!

お寺や病院などふさわしくない場所

お寺や医療施設などアプリをプレイするのにふさわしくないと思われている場所は管理者側が禁止にしている可能性があります。
そういった施設などには禁止のポスターや遊ばないでくださいという張り紙等がしているはずなのでここは遊んでいい場所なのかしっかり確認するようにしましょう。

危険な場所

こちらは禁止されているというより、単純にスマホ見ながら歩くという行為が大変危険なので注意の呼びかけをしているところもあります。
歩きスマホ自体が大変危険なのですが、それに加えて足場が悪かったり、崖が近くにあったりでさらに危険な場所があります。
こういった場所ではアプリを遊ばないようにしましょう!

学校や職場など禁止している場所も…

各学校や職場などでもポケモンGOを禁止する所もあるようです。
勉強に集中させるためや、仕事に専念してもらうためにそういった動きをしている場所もあるのでしょう。
また、単純に部外者の施設内立ち入りを禁止するために禁じている場所もあるようです。

逆にポケモンGOをプレイするように呼びかけるところもあります!

鳥取砂丘はスナホ・ゲーム解放区!

禁止区域が多いように感じますが、逆にポケモンGOを遊ぼうと呼びかけている場所もあります。
その一つが鳥取砂丘です!
ここは『スナホ・ゲーム解放区』として平井知事が宣言をしました。

広大な砂丘はゲームを安心に楽しめる!

砂が多く広い砂丘は他の場所と違いゲームが安全に楽しめる、夏休みの旅の目的地として遊んでもらいたいとのことです!

ルールはしっかり守って!

ただ、当然ですがゲームに夢中になりすぎて高速道路に入り込んでしまったり、スマホをやりながら車を運転したりといったルール違反はやめようとのことです。
また、熱中症やけがなどに関する注意も今後しっかり呼びかけていくとのことです。
また下記にてこんなところにポケモンがいるなど、ポケモンGOの生息地一覧を記載していますので参考にしてください!

コメントを投稿する


サブコンテンツ