keisatu
7月22日より、スマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」が日本でも配信開始となったが、自動車や自転車の運転中にスマートフォンの操作をしていたことなどによる交通事故が全国で多発しており、警察庁は改めてスマートフォンを操作しながらの運転中をやめるように注意を呼びかけている。

ポケモンGOユーザーによる道路交通法違反が大量発生中!

警察庁の発表によると、27日までの6日間に45都道府県で計406件の道路交通法違反が発生しており、そのうち、「ポケモンGO」を操作が原因をなって起きた交通事故となったのは20都道府県の36件にのぼり、いずれも軽症ではあるが11件は人身事故となっています。
違反の内容はスマートフォンの画面を見ながらのわき見運転が多くを占め、信号を無視して自動車の走行があったなどの極めて危険なケースもありました。。。

違反の内容

転倒と衝突

自転車に乗りながら「ポケモンGO」を遊んでいたところ、転倒し頭や足に軽いけがを負った女性や、子供と一緒に「ポケモンGO」を遊んでいた女性が階段でぶつかり転倒し頭や足に軽いけがをしたなどの命にかかわることはない軽傷の場合もあるが、「ポケモンGO」を操作しながら自転車に乗っていた男性が信号を無視し、ほかの自転車と衝突した事故などもある。「ポケモンGO」の操作をしながらの自動車の運転していた女性は交差点で信号待ちをしていた自動車に追突するといった一歩間違えれば死亡事故につながりかねない危険な交通事故も発生している。

ARならではの事件も

また、「ポケモンGO」を遊んでいた人に無断で写真を撮られたと勘違いしてトラブルになり、ゲームのプレイヤーと口論になるなどして暴行容疑で男性が逮捕されるなどのケースもあった。

ひったくり被害

スマートフォンでゲームをしながら自転車に乗っていた女性がカゴに入れていたカバンをひったくりに会うなどの事件も起きている。

警察の対応は?

未成年者のいわゆる「あるきスマホ」などは、交通事故に巻き込まれる恐れもあるため、安全指導を徹底するよう求められている。
今月25日の時点で同庁は、「ポケモンGOの操作を巡る交通事故が11都道県で計36件発生し、うち人身事故が4件」と発表していたが、のちに集計ミスが判明した。
実際は「8都道県計8件で、うち人身事故は1件だった」と訂正している。
スマートフォンを操作しながら運転していたとして検挙されたものは70件程度あり
交通事故による死亡者はまだ確認されていないものの、スマートフォンでゲームをしながらの自転車や自動車の運転は、危険な事故につながる恐れが高いため絶対にやめるようにと改めて注意を呼び掛けている。

自身の怪我や他人を傷つけないように気をつけよう!

少数の非常識なプレイヤーのせいで大多数の常識的なユーザーまで攻撃されるのは不愉快ですよね汗
とにかく、けがをしないように、させないように気を付けて楽しみましょう!

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • #1 Pokemon Master [通報] 返信

    注意だけ呼びかけても無駄。
    だからこうして全国…もとい全世界で事故や事件が相次いでいるんだろ?
    配信停止が一番確実且つ今後の為。

    +3

    -11

    #2 Pokemon Master [通報] 返信

    トレーナーの皆様にお願いです。
    私の家の前の駅はポケモンの巣になっていて、連日マナーの悪いトレーナーに駅員 近隣住民が大変迷惑しています。
    どうか違法駐車 ゴミの持ち帰り 夜に大声を出し騒ぐ等の最低限のマナーは守って頂きたいものです。
    同じトレーナーとしてとても悲しい気持ちになります。

    +5

    0

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ