docomo-1

ポケモンGOの人気を見たNTTドコモの吉澤和弘社長は決算会見の場で『歩きスマホ』は危険、今後しっかりPRしていきたいと呼ぶかけを行いました。

 

技術的な歩きスマホを防ぐ取り組みが期待される

歩きスマホは危険!自転車を運転しながらの操作もしないように!

NTTドコモの社長吉澤和弘さんは決算説明会の場でポケモンGOの人気により『プレイ中の歩きスマでの転落事故やトラブルなどが顕在化しており、さらに拡大する懸念もある。歩きスマホはしないように注意していただきたい』と訴えた。

今後技術的な防止を拡大していく

ドコモでは以前より、歩きスマホの防止キャンペーンを行っており、歩きスマホを認識して警告するアプリ『あんしんモード』を子供向けに提供している。
今後も技術的に歩きスマホを防止する取り組みが期待されているが『今すぐに有効なものになっていない』と語る。

ARモードのデバイス面での商品化を検討

グラス型のデバイス商品など

ポケモンGOでも使用されている技術ARモードは現実世界にモンスターがいるように表示してくれるがこれが歩きスマホなどに繋がってしまうため、グラス型デバイスなどの商品化を進めていきたいと語っている。

ポケモンGOによる端末販売などは現時点ではない

ポケモンGOがリリースされてから使っているスマホが対応していないなどという意見は見られていたが、ドコモではそれが要因と思われる端末販売の増加などは現時点では見られていないようです。
今後さらに人気が出てきたら対応端末に変更しようと考えるユーザーもでてくるかもしれませんね。

コメントを投稿する


サブコンテンツ