kiokunopo-taru-2

現実にはないけどポケストップとして指定されている場所…

そこは津波で消失してしまった建物などをポータルとしたイングレスプレイヤーたちの『記憶のポータル』でした。

記憶のポータルとは

津波で今は失われてしまった建物など

これは3.11の津波で消えてしまった建物を『Ingress』プレイヤーたちがポータル(ポケGOで言うポケストップ)として登録しているためです。
元々ポケストップの場所はイングレスのポータルから引き継がれている場所が多く、『記憶のポータル』として登録されていた場所もポケストップになっていました。

宮城県石巻市にはこういった場所が120箇所!

復興イベントで120箇所をポータルとして登録した

これら記憶のポータルは全部で120箇所ある、これは2014年に行われたイングレスユーザーをあつめた東北復興イベントにて特別にポータルとして指定された。
実際にポケモンGOにもフィードバックされてポケストップとなっている場所も多い。
岡田劇場もその一つである。

実物が無くなってしまってもこういう形として残るのは素晴らしい!

いつかVRで建物の風景なども復刻されないだろうか…

ポケモンとは関係なくなってしまうが現実ではなくなってしまったものをVRで映し出すような技術が今後生まれてこないだろうか?
この場所には昔こんな建物があったんだよ?と今と昔をつなぐ架け橋のようなものになってもらいたい!

コメントを投稿する


サブコンテンツ