kodomokai-4

ある子供会で開催された『ポケモンGOの旅』がポケGOの正しい使い方と話題になっています。

一体どんな内容で開催されたのでしょうか?

ポケモンGOの正しい利用方法

いろいろな問題が指摘されているポケモンGOですが、利用方法によっては素晴らしい効果をもたらしているようです。
ポケモンGOプレイヤーのマナーの悪さが囁かれる中、「ポケモンGOの正しい利用方法」とツイッターでも紹介された「あるイベント」の内容を紹介します。

ポケモンGOを利用した自治会の新たな取り組み

近畿地方で行われた子供会のイベント

近畿地方のある自治会で、子供と大人が一緒にポケモンGOを利用しながら地域を回るという子供会のイベントが行われました。
ポケモンGOを利用することにより「屋外に外出する良い機会になるのでは」との肯定的な意見が出たことにより、今回のイベントがスタートしたとのことなのですが、このイベントには、多くの賛辞が贈られているとのことです。

マナーや地理の学習にも役立つ

歩くコースは子どもたちが主体となって決める!

今回のイベントで歩くコースは子供達が主導して決めたようで、その際ポケストップの場所を考慮して決めるため、地理の学習にもなっていた様子です。
また、集団で歩きスマホをする格好となるので『危ないのでは!?』という懸念の声も一部あったようですが、スマートフォンを利用するときには立ち止まり、他の歩行者の邪魔にならないように大人達の指示に従うといった、基本的なマナーを順守し、行われていたようです。

利用方法によっては『ポケモンGO』は大きな可能性を秘める!?

正しく使えばコミュニケーションツールとして利用できる!

ポケモンGOには多くの問題点が指摘されているのですが、このように利用方法さえ間違わなければポケGOは社会性やマナー、地理や情報の選定といったことを学習することもでき、昨今問題となっているコミュニケーション不足などの問題にも役立つツールとなりそうです。

コメントを投稿する


サブコンテンツ