tottorigo

ポケモンGOを町おこしなどに活用しようとしている地域は少なくない。

各地では一体どんな方法で活用しようと考えているのでしょうか?

各地の活用方法など

ポケモンGOを使って町おこしや地域のことをもっと知ってもらおうという動きは少なからずあります。
たとえば鳥取県では鳥取砂丘をスナホ(スマホ)ゲーム解放区として最大限にアピールしてポケGOをプレイしに来てもらうようにしている。
他にも様々な地域がそういったイベントを行っていますが、実際にどのようなイベントを行っているのでしょうか?

ルアーモジュールを使用してポケモンを発生させる

近くにあるポケストップにルアーモジュールを使用しますと告知をしてポケモンを集めるイベント。
商店街などが行っていることが多いようです。
ルアーモジュールを使用するとポケモンが寄ってくるのでそれを捕まえに来てもらって近くのお店も利用してもらおうという考えのようです。
実際に効果も高いとのことです。

近くのポケストップマップを作成する

地域のどこがポケストップやジムに設定されているのかをMAPにし公式サイトや実際にチラシにして配布している場所もあります。
同時に観光地や食事処、宿泊施設なども紹介することで旅行の計画などを立てやすくしてくれますね。

トレーナー割引などを実施

お店に来店してくれた人がトレーナーだった場合、ポケモンGOの画面を見せることで商品の割引などしてくれる店舗もあるようです。
トレーナーレベルに応じた割引もあったりするようで、実際にクーポン感覚で使えるのはトレーナーとしてもかなり嬉しいですね。

まだまだ地域を盛り上げる企画はどんどん出てきそう!

今後も地域を盛り上げるためのイベントなどはどんどん出てくることでしょう。
一緒にポケストップを巡るイベントなども開催されていたりするので、ポケモンGO通じて地域の人との交流やコミュニケーションなどプラスに働いてくれることが多く出てくるといいですね♪

コメントする

サブコンテンツ