ban-1

台湾でポケモンを全てコンプリートした男性を有名ホテルが表彰しました。

ですが表彰後そのトレーナーが不正行為を使っていた疑惑が浮上したとのことです。

有名ホテルがポケモンマスターを表彰するも違反発覚!

地域限定のポケモンを捕まえるためにGPS偽装をしていた

ポケモンGOで現在ゲットできる145種類のポケモンを捕まえたとして台湾の有名ホテルがその人物を表彰しました。
二日間のホテル代と日本円にして約21万円を送ったのだが、彼が145種類のポケモンをゲットするためGPSの偽造をしていた疑惑が出てきました。
地域別限定ポケモンのバリヤードやケンタロス、ガルーラといったポケモンたちをゲットした方法が不明とのことです。

国民の反応

このトレーナーに対して台湾の人々は
『報道で違反をカミングアウトして、報道をもとに運営はアカウントを削除できるなw』
『課金までして大バカ者だなw』
といったような反応をしています。
不正行為をしたトレーナーはコンプリートするために日本円で約64000円ほど課金もしていたようです。
課金までしてるのに、不正行為もするってBANとか怖くなかったのでしょうか?
現在このトレーナーのアカウントがどうなっているかは不明となっています。
先日のBAN祭りでBANされた可能性も高そうですが…

規約違反、不正行為について

不正行為をした際のペナルティについて

位置偽装やチートツールを使用するとペナルティが付きます。
どんな内容か参考にしてください。
最悪の場合はアカウントがBANされて永久に復旧できなくなります。

規約違反に該当する行為について

ポケGOの規約に違反する行為は以下のような行為になります。
・サードパーティ製ツールの使用
・アカウントの購入、販売
・同一アカウントを複数人で使用する行為
・個人が複数アカウントを所持する行為
・位置情報(GPS)の偽装
・ゲームの改造
・ツールを利用した改造及びチート行為

コメントを投稿する


サブコンテンツ