keisatu-2

海外では警察官と市民が交流を深めることが出来るツールだと良いニュースもある中、ポケモン探しに夢中になって迷い込んだ先で見てはいけないものを撮影してしまうこともあるようです。

警察と市民がポケGOで交流

公園で見回りの警官と市民がコミュニケーションを取る

ロンドンにある公園では『PCSO』と呼ばれる警察官たちが見回りをしている。
ここもポケストップがあり、レアなポケモンが出ると毎日多くのトレーナーがポケモンを探していると言います。
公園内を見て回ると、PCSOの警察と市民がスマホを見ながら雑談している姿が見られるようで、話題はやはりポケモンGOのようです。

市民との交流も仕事の一環!

園内を見回りながらポケモンを探して市民と交流を深める、一見仕事をしていないかのように見えますが、このPCSOの活動の一つとして地域の若者たちとの交流があるようです。
困っている人が助けを求めやすい存在であるように、市民との交流は深めていく必要があるようです。

ポケモン探しで迷い込んだ先で起きた珍事

夢中でポケモンを探していたトレーナーが見たものとは

良いニュースもあるが当然反対の悪いニュースもある。
あるトレーナーがポケモン探しに夢中になって迷い込んだ先のあるビルで怪しい人影(ヒトカゲではない)を見てしまう。
恐る恐る窓から覗きこんでみると誰もいないオフィス内でまさに行為中の男女を発見してしまう。
発見した人はその様子を動画に取ってしまい、その動画をネットにアップ、一大ニュースとなってしまう事態となりました。

盗撮なんだけどオフィスでしちゃダメ!

動画が撮影された会社はこの男女を特定したとしているが、名前などは非公開となっているしその後処分がどうなったかもわからない…
動画にして盗撮をしたトレーナーも問題がありそうですが、そもそも会社で行為に及んでしまったカップルもかなり問題がありますね。
今回トレーナーに被害はありませんでしたが、他にも私有地に迷い込んで銃殺されてしまった。
ケンカに発展して逮捕されたなど様々なトラブルも起きているのでポケモンGOをプレイする際は注意しましょう!

コメントを投稿する


サブコンテンツ