hodou-2

新潟県では深夜にポケモンを求めて徘徊していた少年少女を103人補導していたことを発表しました。

県警では今後も注意していくと発表しています。

新潟県でポケモンGO関連の歩道103人!

高校生が約8割を占めている

新潟県警はポケモンGO配信から2016/8/18の間で深夜にポケモンを求めて徘徊していた少年少女103人をこれまでに補導したことを発表した、
そのうち71人が高校生で全体の約8割を占めていたという。
歩道された少年少女は13~19歳で男性96人、女性7人だと言います。
いずれも友達と一緒にいる場合がほとんどとのことです。

他にも事件が発生している

新潟県では他にも民家の敷地内に勝手に侵入したとして19歳の会社員が住居侵入の疑いで書類送検となっている。
男性はポケモンを探していたと話しているといいます。
またポケモンGOが原因の交通事故も2件起きており、交通違反の摘発は10人、自転車に乗りながら遊んでいて注意をされたケースも22件とのことです。

警察はこれからも注意喚起を行う

深夜徘徊は非常に危険

県警は深夜に徘徊することは強制わいせつや恐喝といった事件に巻き込まれる危険性もあるため、これからも注意喚起や深夜パトロールを行っていくとしています。
だれかといれば安心ということもないですし、一人でいるなんて非常に危険ですので注意しましょう。

コメントを投稿する


サブコンテンツ