nintendou-4

ポケモンGOはナイアンティックが主に制作しているゲームですが、その中にも任天堂らしさがあります。

任天堂らしさとはどこに見受けられるのでしょうか?

2006年に発売された「Wii」の大ヒット以降、任天堂はなかなかヒット作に恵まれませんでした。
それがポケモンGOの大ヒットで復活する兆しが見えています。
そしてそのヒットの裏側には『Nintendo』らしさというヒットの要因が隠れていました。

多くの「ひきこもり」を作ってしまった任天堂

TVゲームは面白すぎた

『Nintendo』らしさを語る上で外せない重要なキーワードがあります。
それは、「任天堂はとても真面目な会社である」ということです。
「ゲームばかりやって、外に行かない引きこもりを増やしている」という批判の声をよく聞きます。
「ひきこもり」という現象が社会問題となって久しいですが、もともと、TVゲームを日本でヒットさせて「ひきこもり」という現象の先駆けを作ってしまったのは、任天堂によるところが大きいと思います。

Wiiを発売させたことが、任天堂の真面目さそのもの

家族で楽しめるゲームを開発!

ファミコンが登場して以降、時が経つごとにゲームが複雑になりました。
昔はお父さんやお母さんも混じって一緒にTVゲームができたのに、ゲームの難易度やプレイルールが複雑化したために、ゲームが一部の人だけのものになってしまったのです。
そのような状況を任天堂が見ていて、責任を感じたのかどうかは分かりませんが、ファミリーで楽しめるWiiを開発したのだと思います。

子供たちの遊びの原点がポケモンGOにはある!

ゲームをシンプルに戻そうとしている

ポケモンGOには、「ゲームをシンプルに戻そう」という強い意図が感じられます。
「ゲームばかりやって、外に行かない引きこもりを増やしている」という社会的な批判が根強くありました。
Wiiが登場した後もその傾向は収まりませんでした。
そこで今度は「外に遊びに行くゲーム」を作ろうと考えたのです。
そこで生まれたのが、ポケモンGOではないでしょうか。
「昔の子どもたちの外遊び」が理想で、そういう遊び方とずれているのは良くないと考えて、ポケモンGOの開発に至ったのだと思います。
「会社というのは社会に生かされている」という真面目な考え方をする人達の集団が任天堂という企業なのだと思います。

コメントを投稿する


サブコンテンツ