sbxb

みなさんは、ポケモンGOが配信される前のフィールドテストはプレイしていましたか?ポケモンが近くにいるとシルエットで表示されますが、フィールドテスト時はもっと便利だったんです。

フィールドテストはメートル表示

かくれているポケモンが○○mで表示されていた!

これ、実は公式のPVでも○○メートルにポケモンがいます!という表示されていたんです。
上記の画像が実際のフィールドテストの画像です。上記の画像だと、ポッポが180m、ヒトデマンが200mという風に表示されていますね。
リリース後には、こんな便利機能が無くなってしまうなんて…

実は公式PVでも使われていた!

このmでかくれているポケモンを表示する機能ですが、実は、、、ご丁寧に出現する方角までも表示してます!超便利すぎる!
実際の動画を下記で確認してみてください!0:26辺りでしっかり表示されていますよ。

なぜこの機能が無くなった?

では、いったい何でこんな便利な機能が無くなってしまったのでしょうか?

アメリカがメートル表記じゃないから

一つ目はこれですね。アメリカという国で、距離を表記する際は『インチ』『フィート』『ヤード』『マイル』と4種類も距離や長さを示す単位があります。
ですが、日本で使われている『メートル』はアメリカでは通用しません。一時期アメリカでもポケGOリリース直後にメートルを覚えようみたいなニュースがあったぐらい、アメリカ人にはメートルなんて馴染みがなかったせいではないかと思います。

メートル表示にするとより歩きスマホが増える

あと〇メートルと分ったら歩きスマホが増えるからでは?とも思っています。
実際には、歩きスマホしてしまう人はしてしまいますが…

今後は距離表示される?

じゃあ、今後の展開として公式PVでもあったよにメートル(距離)の表示がされて、さらにポケモンのいる方角までも表示されるようになるのか?
まだ実装?というか復活はないものの、新しいポケモンを探す機能の実装はされるそうです。

近々実装されるポケストップにいるポケモン

距離の表示はされないのだが、ポケストップの近くにいるポケモンも表示されるようになるんだとか。海外の一部ユーザーで、テストプレイがされています。
距離表示とまではいかないものの、大体の目安として1番近いポケストップまでの距離を知ることができれば、そのポケモンに会える距離も自然と分るようになりますね。
下記にて、ポケストップにいるポケモンについての説明をしているので参考にしてください。

コメントする

サブコンテンツ