taiwan-4

台湾でも大人気のポケモンGO、トレーナーたちによって公園などがゴミだらけとなってしまったが、その公園を掃除していたのは日本人だったことが判明しました。

日本人が台湾の公園を清掃!

台湾でも大人気だがゴミのポイ捨てなども多い

ポケモンGOが台湾で配信されてから、一気に大人気となりました。
各地の公園も連日トレーナーたちが集まりポケモン探しに精を出している。
ですが、当然のようにトレーナーたちによるごみのポイ捨て問題がありました。

そんなごみを清掃したのは日本人!

ポケモンが大量に出現すると話題になった台北市の公園。
ここも大量のゴミが散乱する状況だったが、台湾に15年住んでいる日本人の男性が公園の元々の美観を取り戻すためにゴミ拾い活動を行い始めました。
ゴミ拾いだけでなく、応急手当ができるものも持ち歩き、ポケモン探しに夢中になって転倒してしまった人々の手当てが出来るようにするという気遣いも見せているようです。

東日本大震災の時に台湾から支援された恩に報いたい

男性は祖母が福島県に住んでおり、東日本大震災の時に台湾から支援をしてもらった恩に報いたいと考えており、今回の活動を開始。
ポケモンを探しているトレーナーたちにもごみ袋を持ってゴミ拾いをしてもらったらいいなと思っている層です。

台湾人の反応

恥が日本に伝わってしまった

今回の件を受けた台湾の人々は『外国の人の方が私たちよりも台湾を愛している。我々が考えるべきことは何か』『日本に恥が伝わってしまった…』
とマナーに対して反省を求める声が寄せられているという。

自分が出したごみは持ち帰ろう

日本でもごみのポイ捨てやタバコのポイ捨てなどかなり問題になっています。
リリース当初よりかは少なくなってきましたが、トレーナー一人一人がゴミは自分で持ち帰るなど気遣えば問題はなくなることでしょう。
日本の公園を綺麗にしたのは外国人だったとならないようにしたいですね。

コメントを投稿する


サブコンテンツ