urasettei

ポケモンの裏設定を紹介します!ポケモンGOではポケモンシリーズをプレイしたことがない人が多いのでいくつか紹介します。

裏設定1:10歳になると大人扱い

ポケモンの世界では小学校4年生で卒業!

アニメの設定ですが、実はポケモンの世界では10歳になると小学校を卒業し、そこから先は義務教育から外れるのです!主人公のサトシも10歳で旅立っています。

ポケモンを捕まえるのに免許が必要!

10歳の誕生日を迎えた、次の年の4月になると『ポケモン捕獲できる免許』を取ることが出来るのです。
むやみやたらにポケモンを捕獲することが出来ないのがこの設定。しかもポケモンの保護の目的のためにモンスターボールは6個までしか持てない。

大人扱いなので税金も払うw

10歳を超えると大人の扱いになるので税金を納めなくてはならない!かなりシビアwww
といっても、これは都市伝説的に言われてるので事実かどうかは不明。

裏設定2:ロケット団の創設者はサカキではない!

ロケット団ってそもそも何?どんな組織?

ポケモンを悪事に利用して世界征服をもくろむ秘密結社です。珍しいポケモン、強いポケモンを集め最強のポケモン軍団で世界征服を企んでいる悪いヤツらです!
ロケット団のコスプレをしてゴミだらけの公園でゴミ拾いをしていたことで、ポケモンGOのユーザーにもロケット団というワードが広まりましたが、ゲームやアニメの設定だとアクの組織として描かれているため、実際にはゴミ拾いはしませんw

創設者はサカキの母だった!

この悪の組織ロケット団のボスと言えば『サカキ』で有名ですが、実はボスとしては2代目で、初代のボスがロケット団の創設者なんです。
その初代ロケット団のボスで、創設者なのが現ボスであるサカキの母親が創設者なんです!

裏設定3:ニャースが喋れるようになった理由とは

ロケット団のニャースとは?

普通のポケモンは人の言葉を話すことは出来ない。が、ロケット団ムサシとコジロウのパートナーのニャースは人の言葉を話すことが出来る。
なぜ、このロケット団のニャースだけが話せるのか…

好きになった♀ニャースにマドンニャに惚れたから!

元々は野生のニャースだったのだが、何故か都会に憧れて都会に出てきた。
そこで出会った雌のニャースである『マドンニャ』に人間だったら好きになる!と言われ、人間になるべく二足歩行や人語の訓練をしたのだった!
そして告白した際に立ったりしゃべったりするポケモンは気持ち悪いと言われ見事に撃沈…そのままグレてしまいロケット団に入社という経緯があるのです。

他にも裏設定を知っていると言う人はコメント募集中!

ポケモンの世界は、けっこう深いのです。
まだまだ裏設定があります。今日紹介したのはほんの一部で、まだまだこんな裏設定を知っているよ!という人がいましたらコメント欄にて募集中です!
下記にて、ほかの裏設定も紹介していますのでご覧になって下さい。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • #1 Pokemon Master [通報] 返信

    最初の設定では、ニャースが人間の言葉を喋るのは最終回の伏線にするつもりだったけど、思った以上にアニメが長続きすると踏んで今の設定に変えたとか。

    +3

    0

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
コメントを投稿する


サブコンテンツ