agdsfh

課金しなくても十分楽しめるポケモンGO。実はこの絶妙とも言える課金制度は、ナイアンティック社と株式会社ポケモンの課金に対する考え方の違いから生まれました。

ナイアンティック社VS株式会社ポケモン

最初、両社の意見は真っ向から対立した!

ナイアンティック社は親会社のグーグルが「お金よりユーザーを第一に考える」という理念を掲げているため、課金には消極的でした。対して株式会社ポケモン側は「遊ぶからには対価を払うべき」という本音があり、「タダはちょっと…」という考え方だったようです。「対価を貰う大切さ」をナイアンティックに力説するなど何度か説得を試みて、「課金は取り入れるができるだけお金を使わないゲームにする」という、双方が歩み寄る形で落ち着きました。

課金してもしなくても楽しいポケモンGO

実に、全ユーザーの8割が無課金!

ポケモンGOは課金せずとも十分に遊ぶことが出来ます。実際にユーザーの8割が課金をしていないという調査結果も出ています。一方、10000円以上を課金するユーザーもおり、全世界では1ヶ月足らずで1億2000万ドル以上が課金されています。とことんつぎ込むユーザーは少なからず存在するようですね。

今まで前例が無かった課金バランス!

無課金でプレイするユーザーと高額課金のユーザーのどちらも楽しめるスマホゲームというのは、今まで前例がなかったのではないでしょうか。ナイアンティック社と株式会社ポケモン両社の課金に対する考え方の違いが、絶妙なバランスのゲームを生み出したと言えます。

コメントする

サブコンテンツ