porigonsyokku-1

ポリゴン事件ってみんなは知ってる?

あの回がテレビに与えた影響って本当にでかかったよな…

ポリゴン事件とは

ポケモンのアニメで行われた演出で体調不良者が続出!

ポリゴン事件とは1997年12月16日に放送されたアニメポケットモンスター第38話『でんのうせんしポリゴン』を見た視聴者が体調不良を訴えて病院に搬送されたという事件のことです。
アニメ内でコンピューターの世界を表現するために、青と赤の光の激しい点滅などが多用され、それにより光過敏性発作が引き起こされたためと言われている。
その後この回については幻の回となり、放送されることはなくなった…

その後テレビでは注意を促すテロップが出るようになった

この事件があってからアニメなどの番組では『テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください』といったような注意を促すテロップなどが表示されるようになったり、番組が始まる前に放送されるアニメのキャラクターたちが子供向けに注意するといったことが増えました。
また点滅の激しい切り替え、ストロボ演出といったものはこれ以降アニメやゲームからは減っていきました。

ポリゴンのせいと言われているが本当はピカチュウが悪い!?

この事件についてはポリゴン事件、ポリゴンショックとアニメタイトルになっているポリゴンが話題に挙げられているが実際の回を見てみるとピカチュウの10まんボルトを使ったときが一番点滅が激しくなっており、ポリゴンは全然悪くないのではないかと言われることもあるようです。
ですが、これ以降ポリゴンはテレビシリーズには一切登場しなくなり、不遇なポケモンとなってしまいました…

でもゲームでは進化系が追加されていく!

ジョウト地方追加でも進化するよ!

アニメでは不遇な存在となってしまったポリゴンですが、ゲームでは進化後も追加されているポケモンです。
今後追加が予定されているジョウト地方(金銀)でも『ポリゴン2』というポケモンが登場する予定となっています!
またさらに続編では『ポリゴンZ』というポケモンも登場するので、アニメで不遇になってしまった分ゲームでは進化後が追加されるポケモンとなったようです。

ポケモンGOでも早く追加してほしいですね。
まずポリゴンが全然出てこないんですけど…

コメントする

サブコンテンツ