miniryunosu-2

アニメ版のサファリゾーンが荒れ果てた理由が不忍池と同じでワロタw

アニメはこの状況を予見していた!?

アニメ版サファリゾーンはトレーナーのせいで荒れ果てた

ミニリュウを求めたトレーナーたちが押し寄せた

アニメの初代35話『ミニリュウのでんせつ』という話では珍しいポケモンたちが登場するサファリゾーンという場所が出てきます。
そこではミニリュウがいるということでトレーナーたちの人気を集め、訪れたトレーナーたちがサファリゾーンを荒れ果てさせたという過去が語られました。
これって現実のどこかと似ていませんか?

これってまんま不忍池じゃないか!?

ミニリュウが出る場所で、トレーナーたちのマナーなどが問題視されていた場所と言われると上野公園の不忍池が思いつきます。
ここもミニリュウを求めたトレーナーたちが殺到し、ゴミのポイ捨てやマナーが問題視され、ついには弁天堂付近での敷地内ではポケモンGO禁止となってしまいました。
アニメが放送されたのは1997年ですが、もうその時にはこのような事態が起こるということが予想されていたということですね。

そしてついに不忍池からミニリュウが消えてしまう…

9/27(火)ポケモンの巣の変更が実施される

9/27(火)にポケモンの巣の変更が行われ、ついにミニリュウの巣が変更され、不忍池からミニリュウはいなくなってしまいました。
トレーナーたちは新たなミニリュウの巣を求めて大移動するのかもしれません…
ただ新たな巣となった場所があれないことを願うばかりです…

ポケモンの巣一覧はコチラ

コメント

  1. 匿名 より:

    ポケモンの巣一覧を見る限り、巣の変更が無ければ目黒川沿いがミニリュウの巣になってますね。こちらも荒らされなければいいのですが。
    マナーを守らない方は極一部なので、マナーを守っているトレーナーさん全員が悪く見られないように、ゴミ拾いなどをしながら遊ぶのもいいかもしれませんね。

  2. 匿名 より:

    不忍池からミニリュウはいなくなってはいないが…

コメントする

サブコンテンツ