fastpokemap_1

サーチ系アプリとして、復活が近いのでは?と言われているファーストポケマップ(FastPokeMap)の使い方をご紹介します!ただし自己責任で使ってください。

ファストポケマップのDL方法

Androidを利用している人

アンドロイドを使っている人は、ファストポケマップのアプリがありません。
ブラウザ版を使用してください。
ブラウザ版はコチラ:FastPokeMap

ios(iPhone)を利用している人

ios(iPhone)を使っている人は、Appストアにファストポケマップ(FastPokeMap)のアプリが配信されているのでそちらをダウンロードして下さい。
もちろんアンドロイドの方で紹介してたブラウザでも利用は可能です。
ios(iPhone)版はこちら:Appストアからダウンロードする

ファストポケマップ復活するとピゴサも復活する?

ファストポケマップが復活すると、ピゴサも復活してしまうんでしょうか?
下記の記事にて紹介していますので、合わせてご覧下さい。

ファストポケマップの使い方

FastPokeMapを起動させる

iPhoneならアプリを起動。
アンドロイドならブラウザ版からサイトへ行く。

位置情報をONにしないと利用ができないため、位置情報をONで有効にする。

画面の見方

①自身のアイコン
→自分が今いる場所にアイコンが表示されます

②設定画面
→表示、非表示にしたいポケモンを設定できる

③ポケモンの検索機能
→全ポケモンをタイプやたまご距離などで検索ができる

④現在地を取得
→自分が今いる地点を取得して表示する

設定をしよう!

右上にある歯車のマークが設定になります。
ここから、マップ上に表示したいポケモンや表示させたくないポケモンを選択できます。

設定画面を覚えよう!

①表示させるポケモンの設定

②表示させたくないポケモンの設定

③使わない
→タップすると、他のサイトに飛ぶ。
使わない場所です。

表示/非表示の方法

設定から『Show Me』もしくは『Don't Show Me』をタップすると、表示させたいポケモンと、表示させたくないポケモンを選べます。
上記画像の様に左側にポケモンのアイコンがあります。
タップすると表示できます。『Don't Show Me』の非表示の場合もタップすると、そのポケモンは表示させません。

タイプ、レア度、タマゴの距離別などでポケモンが検索可能!

マップ上にある虫眼鏡のアイコンをタップするとポケモンの検索ができます。
虫眼鏡のアイコンをタップし赤枠の『TYPES』をタップすると検索項目が表示されます。
タマゴの距離別、レア度、タイプなどで検索ができます。

サーチ系アプリ以外の、サードパーティで個体値チェッカーの使い方を下記ページにて紹介してます。
こちらも合わせてご覧下さい。

使うのであれば自己責任!

BANされても責任は取れませんので!

使い方を紹介しましたが、もし使おう!と思っても自己責任で使ってください。
基本的には、このようなサーチ系のアプリは禁止されていますし、万が一アカウント停止されても責任は全て自分にありますので。

以前、当サイトでアンケートを実施した際、このような探索機能を使わない人もかなりいたようです。
下記のページにてアンケート結果を掲載していますので、是非この際に参考にしてください。

コメントする

サブコンテンツ