ame-hosinosuna-4

たまごが孵化した際にもらえる『アメ』と『ほしのすな』には規則性があるのをしっていましたか?

ほしのすな/100がアメの個数

例)孵化した時ほしのすなが3050個だった場合はアメ30個

とても単純です!たまご孵化した時にもらった『ほしのすなの数÷100』が孵化時にもらえるアメの個数になります!
よって上記画像の場合は『3050÷100=30.5』になり小数点以下は切り捨てとなりアメが30個になります!

下記ページにて、アメの入手方法を掲載していますので参考にして下さい!

イベント期間中はほしのすな/50

例)ほしのすなが3200個だった場合はアメ64個

ハロウィンイベント時では、たまご孵化した時にもらえるアメの個数が倍になります。
すなわち、通常時の計算の÷100部分を2分の1にしてほしのすな÷50をした数がイベント時のたまご孵化で貰えるアメの個数になります。

規則性があるため孵化時のアメに奇数が生まれる

タマゴ孵化で貰えるほしのすながランダムだから!

タマゴ孵化でもらえる『ほしのすな』の個数はランダムです!
この規則性をもとに、上記の画像を見てもらうと分かりますが、貰ったほしのすなは1694。
上記の規則性の計算に当てはめると『1694÷50=33.88』で小数点を切り捨てるとアメの個数が33個になります。
よってイベントでたまご孵化時にもらえるにアメの数が2倍になるとはいえ、奇数になることもあると言うことです!

コメントする

サブコンテンツ