kikakusyo-1

高須クリニック院長、高須克弥さんが熊本でポケGOのイベントをやるなら3000万円を寄付すると発言したことが話題になっていますが、イベント開催に協力的な方が具体的な企画書をナイアンティックに提出したようです。

まずはコチラをご覧ください!

以前、高須院長の熊本でイベントを行うなら3000万円寄付すると発言をしました!
この記事はそれの続報になりますので、まずは下記記事をご覧ください!

行政書士長濱周平さんが企画書をナイアンティックに提出!

海外限定ポケモンとかミニリュウの巣とか実現したらヤバそうなのがww

行政書士長の濱周平さんが高須院長の発言から、企画書を作ってナイアンティックに提出したと発言。
企画書の内容を見ると、熊本に海外限定のポケモンを1年間出現させる、もしくは東北のラプラスイベントのような内容か永続的にミニリュウの巣とすることなどが提案されています。
実現したら本当にすごいことになりそうですね。
1年限定ポケモンを出現させたらそれはもはや限定ポケモンとは言えない気も…

現在開催されているラプラスのイベントについては下記をご覧ください!

復興イベントとして盛り上がってくれたらいい!

熊本も復興イベントは開催予定!

今回ラプラス出現率アップの地域には入っていませんが、熊本県もナイアンティックと提携して復興イベントを開催する予定となっています。
上記企画が通るかは不明ですが、熊本の復興に役立ち、盛り上がってくれるなら嬉しいですね♪

イベントが開催されたら熊本を訪れたいという人も多いようなので、今後の動きにも注目したいです。
復興イベントに関しては下記をご覧ください!

コメントする

サブコンテンツ