insyu-1

ポケモンGOだけでなく、様々なとこで話題になっている車の運転中のスマホ使用。

これについて自民党が厳罰化を視野にして事故防止に動き出すことを決定しました。

ついに自民党が車でのスマホ使用防止に動き出す!

ポケモンGO関連の事故を受けて

自民党が交通安全策特別委員会などと合同の会議を開き、車を運転しながらポケモンGOやスマホを使用したことにより事故が多発していることを受けて、道路交通法改正の厳罰化も視野位に入れつつ、事故防止策の検討をすることを決定しました。

死亡事故もすでに起きている

すでにポケモンGOを操作しながら運転していたドライバーが歩行者をはねて死亡させてしまうという事故が3件も起きています。
それだけでなく、交通事故も多発しているので今回このようなことになりました。
今後このような事故は絶対に起きないでほしいですね。

愛知県一宮市で起きた死亡事故について詳しくは下記をご覧ください。

走行中のスマホは飲酒運転と同じくらい罪が重い!?

現状ではどのような差があるのか…

今回の会議でスマホを使用しながらの運転については『酒酔い運転と同じくらい罪が重い』という意見が出ました。
実際飲酒運転での刑罰と、スマホを使用しながらの運転ではどのように差があるのでしょうか?

飲酒運転の場合は酒酔い運転の場合…
5年以下の懲役または100万円以下の罰金
となっています。

スマホを使用しての運転の場合…
3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
となっています。

もちろんこれで事故を起こした場合や、被害者を出した場合などはもっと重くなります。

このくらいの厳罰化が必要?

スマホ使用についてはかなり摘発件数が出てきています。
みんな少しなら大丈夫、自分は事故を起こさないと思っているからかもしれませんが、実際に事故は起きています。
厳罰化は必要なのでしょうか?

運転中のスマホ使用については、死亡事故の起きた愛知県で11/2(水)に県内で取り締まった結果を発表しているので、どれだけスマホ使用をしながら車を運転している人がいるのか確認してみてください。

コメントする

サブコンテンツ